立花アンの【2021年のフォーチュン・メッセージ】星座×タロットで導く2021年の運勢は?

占いTVニュース / 2021年1月3日 12時0分

写真

――2021年の運勢をあらわすカード&メッセージとは? 占い師・立花アンが2021年の運勢を星座×タロットで導き、「フォーチュン・メッセージ」としてお届けします!

■牡羊座……【5.法王の正位置】「仲間を見つける仕切り直しのとき」

 2021年上半期、牡羊座は仲間を見つける時間がやってきます。牡羊座は一匹狼な行動をしますが、それは強がりなだけ。心の底では強い味方を求めているのです。今期は、つらいとき一緒に乗り越えてくれる仲間が複数人あらわれます。手と手を取り合うためにも、マウント発想は捨てて、横のつながりを大切にしましょう。スタートは、これまでのこだわりや先入観は捨て、仕切り直すくらいの気持ちが◎。上半期が終わる頃には、みんなで共にした笑顔の時間が、宝物として残っているはずです。

■牡牛座……【2.女教皇の逆位置】「堅実な歩みでゴールへ向かう」

 2021年上半期は、これまでやってきたことが実を結んでいくタイミングです。心配ごとがゼロになるわけではありませんが、堅実な取り組みを続けることで結果を引き寄せます。ただその過程で、メンタルが荒れたり、冷静さを失うこともありそうですが、それはあなたの中の情熱が渦巻いているサイン。暴走しないよう、コントロールすることに意識を向けるといいでしょう。また今期、1人で頑張るのではNG。周りの力を借りながら進んでいきましょう。最終的にはみんなで達成とよろこびを分かち合えるでしょう。

■双子座……【13.死神の正位置】「高みを目指して遠くに行く」

 2021年上半期の双子座は、少し遠くに向かいます。どこに行くかはまだわからないけれど、これまでのコミュニティから飛び出して、難易度の高いチャレンジをしたくなるのでしょう。今期、特に意識してほしいことは、心に夢や理想を掲げること。双子座はウキウキしているときに一番調子が出るからです。具体的な目標を短期スパンで立てると、モチベーションもキープできます。孤独でくじけそうなときは、あなたをとびっきり褒めて甘やかしてくれる人に会うと元気が出るでしょう。

■蟹座……【21.世界の正位置】「愛と誠実に囲まれて」

 2021年上半期のテーマは「そこに愛はあるか?」。自分の中の譲れないものが強くなりそう。その根底は「愛」と「誠実」です。自分の感性を信じて、あなたに対して不誠実なものとは距離をとってしまいましょう。変に気を使っていると、トラブルを引き寄せてしまいます。また、何かと変化の多い時代といわれていますが、蟹座はしばらく今を堪能しましょう。周りに惑わされたり、自分を見失いそうになるこの時期だからこそ、今ある大切なものたちに根を張ることがあなたを守ってくれるはずです。

■獅子座……【21.世界の正位置】「コールアンドレスポンスが盛り上がる」

 2021年上半期、獅子座はコールアンドレスポンスが盛り上がります。あなたが投げかけた声に素早い反応があったり、誰かかからの問いに答えを送ったりと、やり取りが活発になるでしょう。忘れかけていた人から突然のキューが届くこともありそうです。また今期、迷ったときは、「あなたの好きなこと」から手をつけることで、ぶれない自分でいられます。注目を浴びて、テンションが上がることもありそうです。そんなときは悦に入ってOK。自信と達成感を味わってくださいね。

■乙女座……【18.太陽の正位置】「調整とパワーチャージのとき」

 2021年上半期の乙女座は「調整」がテーマ。大事なものとそうでないもの、頑張ることと休むことなど、あなたの中でいろいろなことを整理整頓し、呼吸を整えるタイミングです。誰かに教えたり支えたりと、裏方に徹する場面もあるでしょう。慣れない中でプレッシャーを感じることもあるかもしれませんが、勉強したり、人の話をじっくり聞くことでパワーチャージになり、最終的には自分で自分のことを応援してあげたり、人の応援もできたりと豊かな循環が生まれているでしょう。

■天秤座……【18.太陽の逆位置】「幸せをおすそわけをしよう」

 2021年の上半期、やってみたいこと、行ってみたいところがいろいろ出てきて、すべて実行したいモードになります。すぐに実現可能なことと将来的に可能なことをリスト分けするなど、計画性を持つことがオススメです。また今期の天秤座は、わがままになりがち。「自分がハッピーならOK」という考えには気をつけて。周りを振り回した結果、人が離れていくことにもなりかねません。幸せを独り占めしていないか、ときどき自分自身を省みる姿勢忘れずに。

■蠍座……【3.女帝の逆位置】「あなたのファミリーを強化する」

 2021年上半期、蠍座のキーワードは「ファミリー」です。ファミリーの定義は人それぞれですが、あなたが大切だと思える身の回りの存在を示します。大切なものを守り、これからも一緒にいるために力を注いでいくことになるでしょう。ただ、無理をして進展を望まなくて大丈夫。今ある幸せに気づき、心あたたまる感動が待っているはずです。そんな中、特技を活かして社会に挑戦することもありそうです。それは上半期のあなたを生き生きと輝かせてくれるでしょう。

■射手座……【15.悪魔の逆位置】「飛び出すくらいがちょうどいい」

 2021年上半期の射手座は、フレッシュな動きをみせます。これまであたためていたことがあれば、実行に移しましょう。ブレーキがかかっていた人にも追い風が吹き、コンプレックスやしがらみも取り払われていくタイミング。変化がうれしい刺激になり、射手座らしい直感も戻ってきます。飛び出すくらいがちょうどいい、心機一転やリスタートにもGOOD! 向かう先は未定で大丈夫。上半期が終わるころには、あなたらしく自分自身を表現できる居場所と環境を手に入れているでしょう。

■山羊座……【0.愚者の逆位置】「自分を好きになるフルパワー」

 2021年上半期の山羊座は、あなたが持っているものをフルパワーで活用できると同時に、これまで取り組んできたことが大きく花開くとき。そんな中、自分のいいところを見つけ、自分のことをもっと好きになる出来事が訪れそうです。あなたの長所を自分自身が認め、アピールすることは、「自分を愛する」という面においても、上半期のあなたを大きく支えてくれる強みとなってくれるはずです。あなたのステキなところが惜しみなく活かされた活躍が待っている予感がします。

■水瓶座……【12.吊るされた男の正位置】「戸惑いから自分を見つける旅へ」

 2021年上半期の水瓶座は、戸惑いながらも自分の道を見つけていくでしょう。というのもこの時期の水瓶座は、これまでの経験からは予測できない未来がやってきているのです。人は過去の経験から物ごとを判断したくなりますが、今期の水瓶座はそれができないかもしれません。安心してほしいのは、今のあなたには相談をしたり、力を貸してくれる人たちがいること。仲間の力を借りることで、新しい未来を切りひらいていくことができるでしょう。

■魚座……【6.恋人の逆位置】「振り返りながら新たな感覚に気づく」

 2021年上半期の魚座は、ここ数年のまとめと振り返りのタームに入ります。これまで吸収してきたことを整理整頓することで、古い感性を捨てたり、眠っていた気持ちに気づいたりするでしょう。新たな問題が浮上することもあるかもしれませんが、難なくクリアできるはず。今期は、頑張るよりも、休息に意識を向けましょう。大きな決断をしたり、無理に進もうとしなくて大丈夫。適度に癒やされながら、あなたの感覚を潤わせてあげてください。
(立花アン)

>>NEXT:夢御崎ピンクの【2021年のバイオリズム占い】運気の波と幸運日をチェック!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング