【O型のコミュ力】フレンドリーな負けず嫌い 仲よくなるとお山の大将に変身

占いTVニュース / 2014年9月11日 12時30分

写真

――人間関係をスムーズにし、ひいては人生まで変える力をもつ、コミュ力(コミュニケーション能力)。あなたはどんなコミュ力の持ち主なのでしょうか? 血液型特性からズバリ判定します!
 
 オープンで親しみやすいと評判のO型。大ざっぱでときどきデリカシーに欠けるけど、O型のポジティブな存在感に救われている人も多いはず。そんな人気者・O型のコミュ力とは、一体どんなもの? さっそく見ていきましょう!
 
【O型のコミュ力スキル】
・自分の立ち位置に敏感
・おおらか、大ざっぱ、大づかみな対応
・自我が強く、負けず嫌い
 
■O型の対人傾向……フレンドリーな負けず嫌い
 O型の基本スタンスはフレンドリー。社交性が高く、持ち前の大らかさで人を惹きつけるタイプです。一方で、O型には自分の立ち位置に敏感なところが。グループの中で自分はどんなポジションにいるのか、力関係をつねに気にする、負けず嫌いな一面があります。また、頭を押さえられるのを嫌い、必要以上に自己主張することもあるでしょう。とはいえ、頼られたら全力で応えようとする優しさは、O型ならではの魅力といえそう。
 
■初対面では……インパクトで勝負
 自分のポジションを有利にすべく、初対面では自己アピールに気合いが入るタイプ。愛想の良さ、礼儀正しさ、目力など、いつもの五割増しで、ある意味、別人になりそう。とはいえ、そのテンションのまま突っ走るようなことはなく、挨拶を交わした後は、借りてきたネコのように大人しくなるパターン。そうして、相手が自分の味方か、あるいは、利用できる相手かどうかを静かに見極めるのです。
 
■仲よくなると……面倒見のいい、お山の大将に変身
 この相手は信用できると思うと、仲間意識を全開にして、腹を割ったつきあいをしようとします。感情をストレートに表現し、水くさいことを嫌うでしょう。また、お山の大将的な気質も顔を出し、何かと場を仕切ったり、リーダー然と振る舞うことが多くなります。O型はよく面倒見がいいと評されますが、これは、自分のほうが上とどこかで思っているから。子分の世話を引き受ける感覚なのです。
 
 仲間には自分のことを後回しにしてでも尽くそうとする、人情味あふれるO型。欠点や失敗を見逃してあげる大らかさと、わかりやすい感情表現が支持を集める、庶民的なコミュ力の持ち主といえるでしょう。課題は、人間関係に勝負を持ち出しやすい点。負けず嫌いをなんとかしないと、「昨日の友は今日の敵」になりかねませんよ。
(夏川リエ)
 
>>NEXT:【B型のコミュ力】自分の感情にひたすら素直! 裏表のない人情家で人気者に

占いTVニュース

トピックスRSS

ランキング