12星座【引退を決意するとき】牡牛座は体力の限界、蟹座は愛がなくなったとき

i無料占い / 2014年11月27日 12時0分

写真

 人はどんなときに、仕事や趣味、さまざまな活動から引退を決意するのでしょうか。スポーツや芸能界では、若くして引退する人もいます。決意するまでは誰しも悩み迷い、人にも相談するかもしれません。けれど、最後に決めるのは自分自身。今回は、12星座別に、引退を決意するそのきっかけをご紹介していきましょう。

■牡羊座……能力の限界を感じたとき
 牡羊座の引退決意は、ある意味、最も単純でシンプルです。能力の限界だから。もちろん、その決断をするまで、ぎりぎり自分自身の限界までがむしゃらにがんばります。年齢も立場も周りの状況も関係ありません。問題なのは自分自身。逆に自分はまだいけると思っている間は、周りがどんなに引退勧告しても聞きません。そしていったん、引退すると決めたら潔いのも牡羊座の特徴です。

■牡牛座……体力の限界を感じたとき
 牡牛座にとって重要なのは自分自身の体力。文化系の活動でも同じです。ジャンルによっては、全国各地を飛び回ったり、寝る時間もなかったり、かなり体力消耗する活動もあります。それがどんなに大変でも、体力が持つ間は引退を考えることはないでしょう。けれど少しずつ体力の衰えを感じ始めたとき、“引退”の文字が頭をよぎるのです。じっくりと何か月も何年もかけて決断するでしょう。

■双子座……話が通じなくなったとき
 双子座の場合、そのジャンルで活動できているという実感を、毎日の会話の中で感じています。スポーツでも文化系の活動でも、自分より若い人、新しく参加した人とも積極的に話して情報収集します。もちろん自分が得た情報も、惜しげなく若者に伝えていきます。そのため、日常会話の中で、話が通じない、ジャンルのノリについていけない、と感じたとき、引退を考えるようになるでしょう。

■蟹座……愛がなくなったとき
 蟹座は、仕事でも趣味でも、根本のところで好きでなければ一緒にいられない人です。たとえ仕事に文句を言っていても、続けていられる間はその仕事も同僚のことも「嫌いじゃない」のです。体力が落ちても、能力がついて行かなくても、愛さえあれば続けていけます。けれど、その愛がなくなったとき、蟹座は引退を決意するでしょう。

■獅子座……情熱がなくなったとき
 獅子座のあらゆる活動への原動力は、「情熱」です。趣味や好きでやっているスポーツなどはもちろん、仕事に対しても、「自分がいなければ仕事が回らない」というプライドと情熱を持って取り組んでいます。情熱がある限り何があっても止めないでしょう。獅子座が引退を考えるのは、その情熱がなくなったとき。消えてしまった情熱の火は、もう再び灯ることはないのです。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
i無料占い

トピックスRSS

ランキング