2015年の開運掃除術【仕事運】本は必ず立てて収納、本棚整理で運気が変わる!

占いTVニュース / 2014年12月11日 19時0分

写真

2015osozi-shigoto

 運気アップの開運掃除術、今回は仕事運が上がる掃除の仕方をご紹介します(恋愛運はこちら、結婚運はこちら、人間関係運はこちら)。

 2015年こそは大きな仕事をしてみたい、プロジェクトを成功させたい、今よりもっとステップアップしたい……そんな人は、ぜひこの方法で大掃除を行ってみてください。

■ステップ1 部屋の「東」を徹底的にキレイに
 風水では、太陽の昇る方角である東は「仕事」や「発展」をつかさどる場所。この部分の掃除が行き届いていないと、仕事で思うような立場につけず苦労したり、いいチャンスを逃してしまうことが多くなります。うまくいかなければ集中力も散漫になり、結果、さらにミスや失敗が増えてしまう場合も。床は掃除機やモップをかけ、汚れがある場合は、雑巾で水拭きをして取り除いてください。家具は水拭きやからぶきをして、ほこりやゴミのない状態に。また、仕事運に限りませんが、掃除の後は必要な物以外は置かず、気の流れを良くしておきましょう。

■ステップ2 本の収納で運気が変わる
 次に、机や本棚をチェックしましょう。この場所の整理整頓がなされていないと、いい気の流れが滞り、仕事の効率が悪くなります。机の上のゴミを捨て、雑巾で水拭きをしてください。使えない文房具や書き損じた紙なども処分を。特に、実現しなかったり失敗したプロジェクトの書類は陰の気が宿っているので、すべて捨ててください。また、本の収納も仕事運には重要です。特に本棚での平置きはNG。必ず背表紙を前にして立てて入れましょう。本を立てて置くという行為には、物ごとが上昇する、成長するという意味があります。横に寝かせて入れてしまうと、その発展の気が阻害されてしまい、仕事運もなかなか伸びていきません。また、1巻から順番にそろえておくと、よりいい運気が回ります。

■ステップ3 パソコンも忘れずにお手入れを
 最近は仕事にパソコンが欠かせない人も多いでしょう。「いつもありがとう」という感謝の気持ちを込めて、お手入れをしてください。パソコンは精密機械ですので、必ず電源を切ってから掃除を始めること。本体の外側や画面は、乾いた布やOA用のクロスなどでほこりや汚れを取り除きましょう。キーボード部分は、隙間にほこりがたまりやすいので、掃除機のノズルを細いものに付け替え、吸い取るのがオススメです。その後は布を固く絞り、やさしく水拭きをしてあげてください。くれぐれも内部に水が入り込まないように気をつけて。マウスも、ほこりがつくと滑りが悪くなって使いづらくなりますので、やはり水拭きをするといいでしょう。

 ちなみに、パソコンを机の上に置くときは、右よりも格の高い左側に置きましょう。仕事がスムーズに進み、良い情報が入ってきやすくなります。

 掃除が完了した後は、東の方角にオーディオ機器や携帯電話、チャイムなど、音の出るものを配置するといいでしょう。新しい仕事の話が舞い込んできたり、人からの紹介が増えたりするかも。試してみてくださいね。
(藤花)

>>NEXT:【断捨離風水】身体の脂肪を捨てないと、すべての運が下がっていく!

占いTVニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング