げ…お酒はかえってストレス増!? ストレスとうまく付き合うコツ3つ

VenusTap / 2014年10月31日 7時45分

写真

現代社会は生活や仕事のペースが速く、ストレスを感じる場面が多いもの。読者のみなさんの中にも、仕事や家事に追われて、慢性的なストレスに悩まされている人もきっといるはずです。

背負いきれないほどの大きなストレスは心身ともに健康を害する原因なので、なんとか上手に解消できるといいですよね?

そこで今回は米国心理学会が一般人向けにリリースした情報を参考に、上手にストレスを軽減する方法を3つまとめてみました。

■1:いつ、どこで、何に最もストレスを感じているのか考えてみる

ストレスを解消するために、やみくもに運動やカラオケをすればいいというわけでもないそうです。まずは自分がどんなときに、どこで、何に最もストレスを感じているのか、発生源を特定してください。

根本の原因が分かれば、その原因を解消・軽減する対策が見つかるはずです。原因が解消したら、ストレスもなくなります。頭で考えるだけでなく紙に書き出してみると、自分でも気が付いていなかった原因が整理できるかもしれませんね。

■2:ストレスの発生源から離れて、自分の時間を作る

ストレスの原因が分かれば、発生源からしっかりと離れることも可能なはずです。例えば仕事の忙しさによるストレスなら、思い切って休暇や休憩を取る。育児がストレスなら、たまには親にあずけてみるなど。そして休んだら読書、音楽鑑賞など自分のための時間を過ごしてみてください。

また、バランスのとれた食事や十分な睡眠など、普段は忙しくておろそかになりがちな生活の1つ1つを丁寧に行うと、心の安定にもいいそうですよ。

■3:不健康なストレス解消法を1つずつ、健康的な方法に置き換えてみる

あなたがもし、ストレス解消のためにお酒を飲む、たばこを吸う、やけ食いするといった不健康なストレス解消法をやっているとしたら、1つずつやめて健康的な方法に置き換えましょう。なぜなら、お酒やたばこ、過食は肥満や睡眠不足を招き、かえってストレスを高める恐れもあるからです。

ただ、上記のような不健康な習慣をやめようと思っても簡単なことではありません。まずは毎日飲んでいたお酒の代わりに、週に一度は休肝日を作ってたっぷりとミネラルウォーターを飲む。お腹いっぱい食べる代わりに友だちとのおしゃべりや映画を楽しむなど、前向きで健康的なストレス解消法に1つずつ置き換えていってみてください。

以上、日々のストレスを上手に解消・軽減する方法をまとめましたが、いかがでしたでしょうか? ストレスは現代社会で働く人にとって、必ずつきまとう問題です。それだけに、上手にコントロールできる方法を身に付けたいですね。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング