映画「クローバー」公開記念!ドS王子にキュンとくる漫画まとめ

VenusTap / 2014年11月1日 7時30分

写真

11月1日(土)より公開を迎える大倉忠義、武井咲主演の映画『クローバー』。本作は920万部を超える稚野鳥子の同名人気コミックを実写化したラブロマンスだ。

ホテルで働く恋愛下手なOL・沙耶と、クールでツンデレなドS上司・柘植が織り成す恋愛バイブルは必見だ。

そこで今日は、そんな『クローバー』柘植さんのツンデレっぷりに負けず劣らずな、ドSキャラ王子たちを一挙ご紹介! おすすめの漫画3作品をまとめてみた。

■1:『高校デビュー』(河原和音)

2011年、溝端淳平主演で実写映画化されたことでも記憶に新しいこちらの作品。

中学時代、部活一筋だった晴菜は、「高校では、彼氏を作って素敵な恋愛がしたい!」と、高校デビューを目論む。しかしモテようと努力するのに、なぜか一向に彼氏が出来る気配はない。

そんな時、同じ高校の先輩であり“男ウケ”について詳しい小宮山ヨウと出会う。そして「俺を絶対に好きにならない」ということを条件に、ヨウに“モテコーチ”をしてもらうことになるが……。

バレンタインには清掃用ゴミ袋でチョコを持って帰るというモテ男子、ヨウ。一見ドSだが、じつは優しく面倒見のイイその背中は、まさに“全女子の憧れ”と言えるかもしれない。くぅ~、言葉と行動のギャップがたまらないっ!!

■2:『L・DK』(渡辺あゆ)

現代風のツンデレ男子と言えばこの人! 映画版では山崎賢人がツンツン演技で観客を魅了した久我山柊聖を忘れてはならない。

一人暮らし中の女子校生・葵の隣室に突然引っ越してきた“学園の王子”こと柊聖。元カノに裏切られたトラウマから、女性に対する扱いは基本ツン(というかドS)。

そんな彼が、とあるハプニングをきっかけに葵の部屋で同居することに。最初は明らかに迷惑そうな葵だったが、ふとした瞬間に柊聖の紳士ぶりや、実はとても純粋な部分に気づき……。

最初の印象が最悪であればあるほど、いい部分を知ったときに惹きつけられていく力はハンパじゃない!

■3:『オオカミ少女と黒王子』(八田鮎子)

そして最後が現在アニメ放送中のコレ! ドS王子と見栄っ張り女子の思いっきり笑えるのにキュンキュン必至なラブコメディーが、累計300万部突破の大ヒット作となった。

物語の内容はほぼ、タイトルの通り(笑)。高校1年の主人公・篠原エリカは友達と話を合わせるため、街で見かけたイケメンを盗撮して“自分の彼氏”と嘘をついていた。

しかし、後日その彼が同じ学校に通う佐田だと判明。佐田に仕方なく事情を打ち明け、“彼氏のフリ”をお願いしたエリカだったが、実は佐田の本性は、その優しげな見た目とは正反対の“腹黒ドS男子”だったのだ……。

本作最大のポイントは、エリカにだけに見せる“ドSっぷり”という点。どんなにヒドい言葉でも、それが“自分だけに見せる素顔”だったとしたら……。つい許せちゃうなんて人、結構多いのでは?

あなたの秘められたM心を刺激してくれるツンデレ王子が登場する3作品。この連休にぜひ、チェックしてみてはいかがだろうか。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング