8割の男女が希望!1〜3回目の「完璧なデートプラン」が明らかに

VenusTap / 2014年11月11日 20時40分

写真

気づけば11月も上旬が終わってしまった。皆さん、今年のクリスマスの予定は決まっただろうか。

「クリスマスは毎年女子会だから」「おひとり様の方が楽しい」などと強がるのはそこまでにして、ぜひ今からでも間に合う“恋人作り”に参戦してはいかがだろうか?

今日は、男性専門院『ゴリラクリニック 池袋本院』が行った「恋愛・出会いに関する男女の本音アンケート調査」から、男性がキュンとする異性の仕草や、逆に幻滅するポイントについてズバリ本音をご紹介! これらを攻略すれば、年内に素敵な恋人をゲットできるかも!?

■男性が胸キュンする仕草、その秘密は“視線”にあった!

“恋人作り”でまず大事なのは、とにもかくにも相手に女性としての魅力を感じてもらうことだ。それは例え出会ったばかりの相手であれ、長い付き合いの相手であれ同じこと。

そこでアンケート対象者の男性に「あなたは女性のどんな時に“ドキッ!”としますか?」と質問を投げかけたところ、第1位は「話をしているときに、じっと目を見られたとき」で全体の63%。なんと過半数以上を占める結果となった。

「男性にはボディタッチのような接触が効果的」と思っている人も多いだろうが、実際は“視線”のようにやや遠回しなアプローチこそが男心をくすぐるようだ。

また続く第2位には、「相手の近くに行ったときなど、さりげなくいい匂いがしたとき」そして「タイトスカートから綺麗な足がふと見えたとき」が同率44.6%でランクイン。このことからもやはり、「この子絶対に俺のこと好きだな」というあからさまなアピールよりも、さり気ない色気が吉と言えるだろう。

■初デートから3回目までが男女で同じ回答! 思い描く“理想のデート”とは

気になる相手をデートに誘いたいけれど、どんなプランがいいのか悩んでいるうちに時間だけが過ぎる……という方も多いことだろう。そこで次に、男女それぞれに“理想のデートプラン”について聞いたところ、意外にもその結果が全て一致したのでご紹介しておこう。

初デートでの理想は、やはり「仕事終わりに待ち合わせて食事」が男性83.7%、女性84.6%と圧倒的多数派だった。2回目のデートでは「トレンドのランドマークでショッピング」をし、お付き合いの決め手となりそうな3回目は「TDLなどのアトラクションで遊ぶ」のが憧れのコースだそう。

男性も女性も考えつく答えは同じということが判明したので、悩む暇があったらまず“誘うこと”! コレこそが大きな第一歩と言えそうだ。

■せっかくのデートで喧嘩勃発!? ラブラブでいるために気をつけるポイント

では最後に、デートで気をつけておくべきポイントについてもまとめておこう。

男性を対象に、「デートで感じる相手のありえないポイントは?」と尋ねてみたところ、第1位は「店員などに対する態度が悪い」。第2位は「希望を言わないのに不満げ」、第3位は「歩き方や座り方などの仕草が雑・汚い」という結果に。いずれも留意することで喧嘩を避けられるものばかりなので、ぜひ前もって意識しておこう。

特に女性に多いのが第2位の「希望を言わない」ケース。相手の男性を立てているつもりでも、それが返って彼を怒らせるきっかけにもなり得るので、気をつけよう。

以上の点を踏まえれば、きっと今からでも恋人作りは遅くない。ぜひ、勇気を出して初デートへ誘い、クリスマスまでに意中の彼をゲットしてほしい。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング