その油断が命取り!ムダ毛で泣いた経験を持つ女性は82.9%もいた

VenusTap / 2014年11月13日 17時40分

写真

肌の露出面積が減る季節につい手抜きになりがちなのが、ムダ毛処理。「着込んでて見えないし」と油断していると、いざという瞬間にうで毛が……なんてことも。これでは、どんなにオシャレをしていても男性に幻滅されてしまう。

そこで今回は、美容機器メーカーのホーム・スキノベーションズ・ジャパンが20歳以上40歳未満の女性661人を対象に行った「ムダ毛処理に関する調査」の結果をご紹介する。

■こんなにいる!「ムダ毛処理をしておけば良かった」経験を持つ女性は82.9%

「最も行ったことがあるムダ毛処理の仕方は何ですか?」と質問したところ、63.9%の人が「カミソリ」と回答。続いて、エステサロン・クリニックという回答が16.6%という結果に。

また、「ムダ毛処理をしておけば良かったと思ったときはありますか?」という質問をしたところ、82.9%の人が「はい」と回答。約8割の女性が、ムダ毛処理をしていなかったことで何かしら失敗した経験があるようだ。

■8割以上の女性がムダ毛処理の後に、肌への負担を感じた経験あり

ではなぜ、ムダ毛ケアを怠ってしまうのだろうか。そのヒントが次の質問にあるようだ。「ムダ毛処理を行った後に、肌への負担を感じたことがありますか?」という問いに83.4%の女性が「はい」と回答。面倒臭さだけでなく、肌へのダメージが気になり、ついムダ毛を放置してしまうのかも!?

■自分の毛周期を把握してない人がほとんど!

また、自分の毛が生え変わる周期である毛周期を「把握しているか?」と聞いたところ、84.0%の人が「知らない」と回答。

また、「毛周期を意識してムダ毛処理をすることでより効率的にムダ毛処理ができることをご存知ですか?」という質問に対しては、63.6%の女性が「いいえ」と回答し、ムダ毛処理は毛周期に合わせて行った方が肌へ負担が減ったり、効率的に処理できたりすることを知らないということが判明した。

世の女性は、ムダ毛への知識があまり高くないことが判明した。ただ、熱心にムダ毛処理をしていたとしても、素肌が乾燥してザラザラしていたのでは、男性にガッカリされかねない。また、肌の乾燥はトラブルを招く原因にも。処理した後はしっかり消毒と保湿をするよう心がけよう。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング