男性が勘弁してほしい「初めての夜に幻滅」した残念女子の特徴とは

VenusTap / 2014年11月14日 20時40分

写真

早いもので、今年ももうすぐクリスマスがやってくる。シングル女性たちの「この季節、今年もまた1人……」という深いため息が聞こえてきそうだが、諦めるのはまだ早い!

ある調査によると、シングル男性の72%以上が「クリスマスまでに恋人をゲットしたい」と思っているそうだ。意中の彼を射止めるためには、いまが最大のチャンス。でも、「メイクやファッションに磨きをかけるわ」と意気込むのはちょっと待った! 男性が気にしているのはそこではないらしい……。

そこで今回は、レキットベンキーザー・ジャパンが行った「ムダ毛処理に関する意識調査」を参考に、男性のムダ毛に対する意識をご紹介しよう。恋活の際は、ぜひ覚えておいてほしい。

■意外に厳しい男性の視線

恋をするためには、「いつ素敵な出会いがあっても準備OK!」なくらいに、普段から身だしなみを整えておく必要がある。独身の男性200人、女性200人を対象に行った上記の調査によると、30%以上の人が「クリスマス当日に会った人と一夜を共にするのもOK」と考えているとか。

だから、「冬は厚着してコートを着るから目立たないし」なんて思って、ワキ毛や脚毛、ビキニラインがボーボーのジャングル状態、などは絶対にNG。当日、いいムードになったらどうするつもりだろうか?

同じ調査によると、「彼女と初めて一夜を共にする際、ムダ毛がきちんと処理されているか気になりますか?」という質問に「気になる」と答えた男性は、全体のなんと59%。

男性の目は、女性が思っているより厳しいのである。実際、「急に泊まることになったけど、ワキ毛が生えていて失敗した」という女性も多いようだ。大切な夜を、“1本のムダ毛”でおじゃんにしないように気をつけたいもの。

■耳が痛い! 男性たちの“生の声”

調査対象となった男性のうち、4人に1人は「彼女と初めて一夜を共にした際、ムダ毛が処理されていなかった」ことで幻滅した経験を持つとか。そんな男性たちにとって、気になる“ムダ毛ポイント・ワースト3”は、1位がワキ、2位が顔周り、3位が脚、という結果だった。

意外なことに上位に食い込んだのが、見逃しがちな顔周り。特に鼻の下にうっすら生える“ヒゲ”は、男性にとってかなりショックなご様子。さらに、ワースト3に入っていないものの、ビキニラインをジャングル状態にしておくのはNG。体臭も強くなり、不快感を与える。

男性からは「ビキニラインが手つかずで酷かった」「局部が放置されていて、エチケットのなさを感じた」との声が集まり、女性にとっては耳が痛い。

以上、男性たちの“女性のムダ毛”に対する意識調査の結果をご紹介したが、いかがだろうか? ムダ毛処理にはクリーム、ワックス、レーザーなどさまざまな選択肢があるが、自分に一番ぴったりな方法をいまから吟味して、クリスマスに向けた恋活準備を万端にしてほしい。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング