げ…日本一「スマホを失くしちゃダメな場所」は沖縄県だった!

VenusTap / 2014年11月18日 20時40分

写真

これから忘年会が増える時期。「今年あった嫌なことは忘れてしまいたい」とお酒が進むのはいいが、忘れてはいけないのがお財布と“スマートフォン(携帯電話)”。

いまや1人1台保有していると言われるスマホだが、便利であるがゆえに紛失してしまうと不便な生活が強いられることになる。

今回は、ルックアウト・ジャパンがスマートフォン保有者1,000人を対象に行った「日本のスマートフォン紛失にまつわる調査」の結果をもとに、スマホ紛失の実態を探る。

■スマホ紛失経験者は5人に1人! ついうっかり……が大半

「スマートフォンを紛失したことがありますか?」という質問に対し、「ある」と答えた人は5人に1人という結果に。「ある」と回答した人のうち45%が、「公共の場所にスマートフォンを置いて、ついうっかり置き忘れた」と回答している。

そのほかにも「置き忘れて紛失に気付かなかった」(29%)、「ポケットやカバン、ハンドバッグから滑り落ちて気付かなかった」(25%)という回答があり、大半はうっかりが原因のようだ。

■お酒は原因じゃない? 紛失しやすい時間帯は午後12時~17時

「いつ紛失したか?」という質問に対し、「12時~17時」と回答した人が38%で最多。次いで「18時~21時」(34%)、「22時~5時」(14%)という結果となった。

ちなみに紛失場所を聞いてみたところ

第1位 公共交通機関(16%)

第1位 ショッピングセンター(16%)

第3位 飲食店(14%)

第4位 路上(9%)

第5位 勤務先(8%)

という結果に。

意外にも飲んでいて酔って忘れるケースよりも、日中に電車などで移動している時や、買物中にうっかり忘れてしまうケースの方が多いようだ。

■5人に2人も! データ回収に支払っても良い金額は10万円

「(物理的にかかる端末費用は除いて)画像や動画、音楽、アプリ、個人情報などスマートフォンのデータを取り戻すに支払ってもいいと思う金額は?」と聞いてみると、紛失したことのある人のうち44%が「5万円」と回答。そして、何と5人に2人近くがスマホ内のデータ回収に対して「10万円を支払っても良い」と答えた。

■沖縄で失くしたらあきらめろ!?

沖縄に住んでいる人には残念なお知らせだが、失くしたスマホが戻ってくる確率が全国中もっとも低いのが沖縄だった。沖縄県内で紛失されたスマホの4分の1は戻ってこなかったそうだ。

また、善人が多いのか紛失したと思ったスマホが見つかったケースが最も多い地域は四国だった。四国でスマホを紛失したと回答した人の全員が、スマホを取り戻せていたことがわかった。

便利である反面、個人的なメールや写真、友人たちの連絡先など個人情報が満載のスマホ。取り扱いには十分気をつけなければならないが、万が一紛失したときは、GPSを利用して自分のスマホの位置を確認するアプリなどもあるので、ぜひ活用してみよう。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング