ナマケ女子でもスリムに!「寝てる間」に痩せ体質になる簡単秘策3つ

VenusTap / 2014年12月9日 7時45分

写真

「もうすぐクリスマスかあ……コレ、なんとかしなきゃ」なんて、お腹の肉をつかんでいるそこのあなた。そう、あなたです! 年末のイベントまでもうすぐ。そろそろ、痩せるための努力を始めませんか?

「痩せたいけど、面倒くさいし、寒いし……」というナマケ女子も心配ありません。なんと、眠っている間に痩せられる方法があるというのです。もちろん、がむしゃらにただ眠ればいいというわけでもなく、そこにはちょっとした秘訣が存在します。

今回は、世のナマケ女子のために、英語圏の健康サイト『Eat This, Not That』と英語圏の女性健康誌『Health』の記事を参考に、“寝ながら痩せる”ズルイ方法をご紹介しましょう。

■1:睡眠時間は“7時間”確保

アメリカで発表された研究によると、睡眠時間が通常5時間以下の人は、7時間以上の人より体重が平均30%も多いそうです。睡眠不足だと、食欲を制御する機能が鈍りついつい食べ過ぎてしまうのだとか。また、長時間起きていることで、余計にお腹が空いてしまうことも。

「夜中に自分時間を確保する」なんて言っている場合ではありません。早く寝てください。

■2:ミントの香りを嗅ぐ

なんと、ペパーミントの香りを嗅ぐことで食欲が抑制されるのだそうです。さっそくミントの鉢植えを買って寝室に置いたり、寝る前にミントのアロマオイルを焚いたりしてみては? 寝室がミントの香りで満たされていれば、起きてからの暴飲暴食も防げそうですね。

■3:部屋を寒くする

「冬は寒くて朝起きられない」と、暖房をつけたまま眠っていませんか? そうすることで、痩せるための努力も台無しになってしまいます。

ある研究によると、部屋の温度を下げることで、体温を維持する働きの“褐色脂肪細胞”が活性化するそうです。つまり、脂肪をエネルギーとして消費するというわけです。

以上、寝ている間に痩せやすい体を作る秘訣をご紹介しましたが、いかがでしょうか? 睡眠は寝ている間に体を修復するという大事な役割を果たします。健康にいいだけでなく、きちんとした眠り方で基礎代謝がアップしたり、食欲が抑制できたりすれば、もっとスリムになれるかもしれませんね!

VenusTap

トピックスRSS

ランキング