ローラはすでに先取り!2015年春の流行ネイルは「マット」で決まり

VenusTap / 2014年11月28日 7時45分

写真

先日都内にて行われた『ネイルクイーン2014』の授賞式。今回3度目の受賞で殿堂入りを果たしたローラをはじめ、各部門から計7名の著名人が表彰された。

その日、受賞者はもちろん、登壇者全員がそれぞれのファッションに合わせたネイルで登場。中には2015年に流行予定の最先端デザインをあしらったネイルもあり、会場の注目を集めた。

■2015年春イエロー&コットンパールがアツい!

ネイルクイーンとは、日本ネイリスト協会から“常に指先のオシャレにまで気をつかい、その年に一番輝いた著名人”に贈られる賞。受賞者のネイルは、日ごろからネイルを楽しんでいるだけあり、どれもさすがのデザインばかり。

中でも2015年の流行をいち早く取り入れたのは、今回殿堂入りを果たしたローラと、司会を務めたLiLiCoだ。

自身も2011年にネイルクイーン受賞歴があるLiLiCoは、ネイルケアの豊富な知識を有することでも有名。ネイルコンペティション(競技会)に選手として出場するほどの腕前だそう。そんなLiLiCoがこの日あしらったネイルは、マットながらも透け感のある“フロスティイエロー”のネイル。この色は2015年春に流行予定だとか。

一方、ローラが施したネイルは、マットなうすいブルーベースに、右手にはワンポイントで揺れるコットンパールのアクセサリーを施したシンプルなもの。ネイル業界で2015年に流行すると言われているマットカラーとコットンパールを組み合わせた、最先端デザインだ。

このローラのネイルには、モデル部門で受賞したヨンアをはじめとした他の受賞者も興味深々、注目の的となった。

■ローラは“とんがりネイル”がお気に入り

ローラはネイルのカラ―やデザインだけでなく、爪の形にもこだわりがあるよう。この日のローラの爪は一般的に多いラウンド型ではなく、先がややとんがってている“とんがりネイル”を採用。

「爪を少しとがらせた形にする方が、指がキレイに見える!」と、指をキレイに見せるためのこだわりも見せた。

日本ネイリスト協会が、ネイルクイーンを選出する際にはずせない条件は“ネイティフルな人であること”。これは、ファッションの中で、指先にまで手入れが行き届いている人を表しているそう。年末のイベントに向け、いつも以上に指先のオシャレを楽しんでみてはいかがだろうか。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング