あの子もこっそり通ってる?女子が一番投資している「自分磨き」が判明

VenusTap / 2014年12月6日 20時40分

写真

パーティの前にはヘアサロンやネイルサロン、疲れている時はリラクゼーションサロンなど、女性は日頃からさまざまな美容サロンのお世話になっている。髪も顔も身体もケアしているとかなりコストがかかってしまうが、女性たちはいったい美容にどれくらいのお金を投資しているのだろうか。

そこで今回は、リクルートライフスタイルに設置されたビューティ総研が、全国の人口20万人以上の都市在住者のうち20~49歳の女性3,600人を対象に行った、「美容領域に関する調査」の結果をご紹介する。

■一回の施術で一番お金をかけているのは“痩身“のエステサロン代

ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロン、アイビューティサロン、リラクゼーションサロン、それぞれに対し「1回あたりの利用料金額」を聞いてみたところ、平均金額が一番高かったのはエステサロンの痩身コースで7,349円。前年度同時期と比較すると368円の増加だった。

次いで、ヘアサロン「6,510円(前年度同時期比:188円減少)」、リラクゼーションサロン(脱衣)「6,159円(前年度同時期比:408円増加)」、エステサロン(フェイシャル)「6,051円(前年度同時期比:ほぼ横ばい)」に。

続いて、ネイルサロン「5,556円(前年度同時期比:233円増加)」、アイビューティサロン「4,726円(前年度同時期比:57円増加)」、リラクゼーションサロン(着衣)「4,191円(前年度同時期比:118円増加)」という結果となった。

さまざまなサロンに投資をしている中でも、「痩せるためなら一度に支払う金額は高くてもいい」と考えているようだ。

■年間利用回数が多いのはリラクゼーションサロン(着衣)

次いで、1年間に1回以上サロンを利用すると回答した人に年間利用回数を質問したところ、一番回数が多かったのはリラクゼーションサロン(着衣)で平均5.02回(前年度同時期比:2.02回減少)。2位は若干の差でエステサロン(痩身)「5.01回(前年度同時期比:1.00回減少)」という結果に。

次いで、アイビューティサロン「4.89回(前年度同時期比:0.83回減少)」、エステサロン(フェイシャル)「4.65回(前年度同時期比:1.25回減少)」、ネイルサロン「4.26回(前年度同時期比:1.19回減少)」。

そして、リラクゼーションサロン(脱衣)「3.77回(前年度同時期比:1.31回減少)」、ヘアサロン「3.68回(前年度同時期比:0.79回減少)」と続いた。

ここでもエステサロン(痩身)が上位に食い込んだ。女性の美容に関しての関心事はやはり“痩身”なようだ。前述の「1回あたりの利用料金額」では、金額が増加している施術項目もあったが、年間利用回数についてはどの施術も減少傾向になっている。「お金がかかるので、行く回数を減らしている」という女性が多いようだ。

美しくなるための努力は惜しまないものの、経済状況の変化から少しずつサロンでの施術にはお金をかけなくなってきているのがわかった今回の調査。美容サロン代を節約したい人は、時折行くサロンでプロの技を盗んで、自宅でのセルフケアに磨きをかけてみてはいかがだろうか。

VenusTap

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング