「テラスハウス」が映画化!最終回後に待っていた本当のラストとは…

VenusTap / 2014年12月10日 6時0分

写真

2012年より放送を開始し、世の若者たちから絶大な人気を集めたリアリティーショー『テラスハウス』(フジテレビ系)が、なんと映画化することが決定! 『テラスハウス クロージング・ドア』と題し、来年バレンタインデーより公開される。

■役者・モデル・歌手として活躍中! 『テラスハウス』の卒業生

『テラスハウス』は、海の見えるシェアハウスに暮らす男女6人の日々を記録したリアリティショー。2012年10月よりテレビ放送をスタートして以来、総勢22名の若者が2年間、台本のない日々をこの場所で過ごした。

主な卒業生としては、てっちゃんこと菅谷哲也をはじめ、島袋聖南、今井華、宮城大樹、筧美和子、今井洋介、chay(永谷真絵)らがおり、放送終了後もそれぞれ役者・モデル・歌手などで活躍している。

■映画ではいったい、どんなストーリーが描かれるの?

番組オンエアのラストは、2年間テラスハウスに住み続けた菅谷が、玄関の扉を開け出ていこうとするところで終了した。

気になる映画版では、「しかし実はあの日、あの扉の向こうには“本当のラスト”へと続く新たな日々が待っていた……」という始まりで、物語が幕を開けるという。てっちゃんと新たな住人たち、そして卒業したメンバーたちによる“ラストデイズ”はどのような展開を見せるのだろうか。

この度、映画化決定に先駆けて解禁された特報・予告編(YouTube)では、テラスハウスのドアを開け「えっ」とリアクションするてっちゃんの驚きの表情を皮切りに、懐かしい卒業生の顔が続々登場。それに加え、もちろん新しい住人も登場するわけで……。

てっちゃんは今度こそ、恋のパートナーを見つけることができるのか?

全ての謎が明かされるのは、2015年2月14日(土)バレンタインデー。あなたもぜひ、大切な人と一緒に映画館へ足を運んでみてはいかがだろうか。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング