未婚73.5%は恋人なし!待ってるだけの女は非モテまっしぐらの傾向に

VenusTap / 2014年12月17日 17時40分

写真

2014年も、もうじき終わろうとしている。この季節「私にはもう、出会いなんてないのかしら……」とメランコリー気分になりがちなシングルの人もいるのではないだろか。

「もう、婚活なんてどこから手をつけていいのかさっぱり」という人も、来年こそ恋人を見つけるために、まずは巷の男女の恋愛観をじっくり研究しよう。リクルートブライダル総研が行った「恋愛観調査2014」の結果をご紹介するので、参考にしてほしい。

■恋人がいる未婚男女の確率は

20~40代の男女を対象にした調査によると、未婚者のうち「恋人がいる」と答えたのは、男性全体でたったの19.8%。しかし女性は全体で35.2%。男女でここまで数が偏っているということは、モテる男性がひとりで複数の女の子と付き合っているということだろうか!?

未婚者全体では、恋人がいる人は平均26.5%。逆に言えば、なんと73.5%は恋人がいないことになる。しかも、今まで異性と付き合ったことがない人は28.9%。20代男性に限っては41.6%もが、今まで彼女がいた経験がないというのだ!

恋人がいないと答えた人で、「恋人が欲しい」のは男性全体で64%、女性全体で65%。男女とも年齢が上がるにつれ、欲しいと思う気持ちが薄くなるようで、40代女性で「恋人が欲しい」と答えたのは約51.9%に留まった。

では、恋人がいる人やいた経験のある人はどこで出会ったのだろうか? これは“恋活・婚活”の大きなヒントになるはず!

調査によると、交際相手との出会いのきっかけ1位は「同じ会社や職場」(25.3%)、2位が「同じ学校やクラス」(18.4%)、3位が「友人の紹介」(14.2%)という“王道”的結果となった。

ちなみに4位には「サークルや趣味・習い事の活動を通じて」(11.4%)がランクイン。3位までにあがったようなチャンスがない人は、趣味の集まりに顔を出せば恋人が見つかるかもしれない。

■恋人がいない理由の1位は……

では、“恋人がいない”理由はなんだろうか? 回答者の自己分析によると、1位は男女とも「出会いがないから」(男全体:40.6%、女全体:47.4%)。

しかし、男性全体の同率2位は「異性に対する魅力に自信がないから」(25.6%)、「経済的な問題があるから」(25.6%)。

上記の表は男性のものだが、男性の“自信のなさ”が如実に表れている。一方、女性の理由2位は「今は好きな人がいないから」(34.7%)、3位が「異性との出会いの場所がわからないから」(32.5%)と、女性は“自分に問題がある”とは感じていないようだ。

「告白をした人数は?」という質問では、「恋人がいる」と答えた男性は告白人数平均2.67人。「恋人はいない(異性と付き合ったことはある)」と答えた男性は2.32人、「恋人はいない(異性と付き合ったことがない)」と答えた男性が0.33人という結果だった。

女性でも、「恋人がいる」では1.22人、「恋人はいない(異性と付き合ったことはある)」で1.05人、「恋人はいない(異性と付き合ったことがない)」で0.33人という結果となっており、男女ともに“肉食”、すなわち積極的な人のほうが恋人ができやすいと判明した。

調査では、恋人がいる人が意外と少ない事実が判明した。好きな人ができたら「彼女がいるかも」と諦めず、思い切ってランチにでも誘ってみては? 小さな勇気から運命が開けるかもしれない。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング