帰宅後の洗顔はマスト!「メイク後7時間」が美肌と汚肌の分かれ道

VenusTap / 2014年12月17日 21時50分

写真

乾燥が気になるこの季節、スキンケアをいつも以上に丁寧に行いたいものだ。そのスキンケアの中でも、クレンジングは最も基本的な工程だといえるだろう。

しかし、あなたが日々行っているクレンジング方法は果たして正解だろうか? 間違ったクレンジング方法を続けていると、美肌が遠のくだけでなく、その後のスキンケアすらも台無しになってしまう。

そこで、化粧品メーカーのシーボンが、20~50 代の女性 500 名を対象に行った「クレンジング(化粧落とし)」に関する調査結果をもとに、正しいクレンジング方法について探ってみよう。

■普段からクレンジングに対する意識が高い女性たち

「普段のスキンケアの中で、ご自身にとって最も優先度が高いものは何ですか?」という質問に対し、最も多く回答が得られたのが「クレンジング」(32%)だった。

普段私たちの生活の中では、化粧水や美容液などの“与える”スキンケアを重点的に置いているようにも思えるが、日常的にメイクをしている女性たちにとっては、“落とす”スキンケアに最も関心を寄せているよう。

一方で、「クレンジングの方法に自信はあります か?」という質問には、「自信がない」(78%)という回答を筆頭に、年代を問わず多くの女性がクレンジングに関する悩みを抱えていることもわかった。

■クレンジングがその後のスキンケアの効果を左右する

シーボン美容指導マネージャーの白久千穂さんによれば、「“家に着いたらまずクレンジング”の習慣が、美肌づくりの第一歩」だそう。

肌の表面にある皮脂やメイクなどの油分は、時間が経つと老化に影響を及ぼす“過酸化脂質”という物質に変化する。この物質が、くすみや毛穴トラブルなどの原因になってしまうのだ。

皮脂やメイク汚れは、肌に乗せてから約7時間前後で酸化すると言われているので、夜帰宅した段階で出来るだけ早くクレンジングを行うのが理想だそう。

肌に汚れが残ったままだと、そのあとに使う化粧水や美容液の効果を妨げることにもなりかねない。しっかり汚れを落として次のステップへの準備を整えておきたい。

■効果的なクレンジング方法と正しいクレンジングの選び方

では、美肌を保つための効果的なクレンジング方法とはどんなものだろうか。化粧を落とすときは小鼻やTゾーンなど皮脂の多い部分から行い、毛穴に残ったファンデーションとクレンジング料をしっかりとなじませることを心がけよう。

また、個々の肌質に加え、クレンジング料を選ぶときは季節に合わせたものをチョイスするのも大切。乾燥しやすい冬は、失われがちな潤いを適度に保ちながら汚れを落とすことができるクリームタイプがおすすめだ。

クレンジングはスキンケアの基礎。乾燥や寒さで肌トラブルに悩まされやすいこの季節を乗り切るためにも、効果的なクレンジング方法で美肌をキープしておきたいものだ。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング