年平均たった1.7回!彼に「●●できない」消極的女子が多いと判明

VenusTap / 2014年12月20日 20時40分

写真

クリスマスやバレンタインなど、冬はプレゼントをあげたり貰ったりする機会が増える季節。イベントが近づくと彼にプレゼントをおねだりをする女性も多いのではないだろうか。

しかし、化粧品メーカーのアテニアが運営する『Bliss Beauty (ブリス ビューティー)』が20~50代の女性600名を対象に行った “おねだり”に関する意識調査によると、多くの女性が “おねだり”に対して意外と消極的なイメージを持っていることが判明した。

■1年間でわずか1.7回? 消極的な“おねだり”

今回の調査結果で明らかになったのは、意外や意外“おねだり”に対して消極的な女性たちの実態だ。

「あなたは今年1年間で、他人に対してどのくらいおねだりをしましたか」という質問に対し、「おねだりをした」と答えたのは48.0%と半数以下だ。回数に関しては、18.2%の女性が1年間でわずか1回しかおねだりをしていないというのだから、謙虚な女性が多いようだ。

続いて、「あなたはおねだりを我慢したことはありますか」という質問に対して、82%の女性が「ある」と回答した。その平均回数は年間3.5回、おねだりをした回数と比較してみると、約3回に1回しかおねだりをしていないということになる。

■おねだりしたいものランキングは、やっぱりアレがトップ!

「あなたがおねだりしたいモノは何ですか」という質問では、堂々の1位に挙がったのが「アクセサリー」だった。

おねだりといえば、一般的には恋人など男性に向けてのものと考えてしまうだろう。であれば、必然的に彼からもらいたいものとして、いつも身につけることができて女っぷりを上げてくれるアクセサリーが上位にくるのは納得の結果だ。

続いて2位にランクインしたのが「ディナーなどのお食事」、3位は「旅行」という結果になった。

■おねだりができない理由は? 多くの女性が相手に気を使っていることが明らかに

おねだりは女性の特権かと思いきや、59.8%の女性がおねだりができない理由に「相手に申し訳ない」と回答している。おねだりしたことがある相手については1位が「親」で、2位が「恋人」、そして3位は「夫」という結果に。

自分にとって安心して甘えられる相手になら、消極的な女性たちもおねだりができるようだ。

日本人女性の遠慮深さが浮き彫りになったこの調査。普段なかなか上手に甘えることができないという女性も、クリスマスくらいはおねだりしてみてはいかがだろうか。“甘えられている”彼も嬉しく思ってくれるかもしれない。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング