今年こそ貯められる女に!1年で確実に「100万円貯まる」方法7つ

VenusTap / 2015年1月4日 12時40分

写真

年が明けて、散々お金を遣った数々のイベントも終わり、ふとお財布を見てみると空っぽ……。年明け早々“貧乏女子”化したあなたは、「今年こそ、こんな状態を抜け出す!」と誓いを新たにしたことであろう。

そこで今回は、海外ニュースサイト『U.S. News & World Report』の記事を参考に、1年間で100万円貯めるアイディアの数々をご紹介しよう。

■1:まずは現状をしっかり把握

貧乏女子がまずしなければいけないのは、2014年の収支を振り返り2015年の目標を定めることだ。後悔や懺悔の気持ちが交錯する胸に痛い作業であるが、これを行わない限り次へは進めない。目を背けずやろう。

■2:予算を作成し、口座を分けてやり繰り

ここでは、あなたの1年間の貯金目標を仮に“100万円”としておこう。

まずは“食費に月3万円”“貯金は月5万”など、毎月の予算を作成する。給料日には予算分だけ現金を下ろし、貯蓄分を貯蓄専用口座に残しておこう。

基本的には現金だけで生活し、クレジットカードを使わないほうが、収支が把握しやすいのでオススメだ。

■3:セールの文字に惑わされない

“セール”という文字に弱いのは、女子なら誰でも同じ。つい「これ、もう1つしか残ってないから……」と、必要でもないバッグやワンピースを買い込んでしまう。

街へ出かければ欲しいものを見つけてしまうのは当然。暇なら自然の中で時間を過ごし、しばし物欲を忘れよう。

■4:いらないものはリサイクルショップへ

金運を高めるには、まず今あるものを徹底的に整理し、お金が入ってくる場所を作ってあげなければならない。しかし捨てるのはもったいない。あなたが使わなくなった時計やバッグも、まだ誰かにとっては値打ちがあるかもしれない。

ブランドものの服や小物はリサイクルショップに持ち込み、収益は貯金。あとは各所に寄付する、リサイクルするなど、有効的な利用法を考えたい。

■5:副業を始める

あなたには、何か特技があるだろうか? ウェブサイトのアフィリエイトをする、ネットオークションで物品を売る、ライターになるなど、家でできる副業はたくさん。

副収入を得たら、“なかったこと”扱いにして、全額貯金しよう。

■6:こまごました支出をカット

会社にいてもコーヒー代やランチ代、つい買ってしまう雑誌やお菓子など、意識しないで使っている支出が意外と多いもの。

全部カットするのは生活が味気なくなってしまうので、お菓子やランチはお小遣いの範囲内でやりくり。普段は手作り弁当、コーヒーは会社のもの、雑誌は友人と交換するなどの工夫を。

■7:貯金箱を設置する

家に大きな貯金箱を用意、上記のような細かい支出をカットしたら、1日の終わりにお財布を開け、“飲んだつもり”、“食べたつもり”で、かかったはずの費用を貯金箱に入れよう。

旅行やイベントに使う“レジャー費”として設定すればやる気も起きるだろう。これだけで年10~20万円程度貯めることも夢ではない。

以上、貧乏女子が1年間で100万円を目標に貯蓄するためのアイディアをご紹介したが、いかがだろうか?

貯蓄には、毎月の給与や夏冬のボーナスをドカンと貯める“マクロ”と、毎日の支出を抑えて節約する“ミクロ”の部分を組み合わせるのが大事。上記のほかにも自分に合ったやり方を考え、2015年末までには懐が“ホクホク”の状態を目指そう。貯蓄額が上がるにつれ、モチベーションもアップするはずだ。

VenusTap

トピックスRSS

ランキング