ダイエットにもオススメ!“低糖質”のスイーツ専門店、札幌・ロトンディタ

Walkerplus / 2017年12月27日 22時0分

写真

札幌市西町にある白を基調とした明るい雰囲気のお店

最近よく目にする「低糖質」という言葉。この言葉は、厚生労働省が定めた栄養表示基準制度のルールで、明確な基準があるんです。それは「100gあたり糖質が5g以下であること」。今回はそんな厳しい基準をクリアしつつ、スイーツ店を営んでいる驚きの札幌市内のお店をご紹介します。ダイエットなど、糖質を気にしている方は必見ですよ。

地下鉄東西線の発寒南から降りて新琴似通りを南に進み、北5条手稲通(旧5号線)を左折すると見えてきます。西友西町店のちょうど真向かいに位置しているので、そちらを目印に来るのも良いかもしれませんね。

ロトンディタを代表する人気メニュー「みっちりクリームの西町いちごショート」。上にはいちごの生クリーム、スポンジの下の生クリームにも2段のスポンジが入っていて、全部で3段のスポンジを味わえます。実は、スポンジには糖質の高い小麦粉ではなく、代わりに大豆粉を使っているんです。このボリュームで糖質は一個約3.5gと驚きの低さ。少し甘酸っぱいイチゴのムースが、しっとりした自然な甘さのスポンジをよく引き立てています。

さっぱりとしつつもコクのある甘酸っぱいレアチーズケーキ。舌触りになめらかさを出すため、あえてゼラチンを使っていないそうです。ボトムにはアーモンドの粒が敷き詰められており、カリカリとした食感がたまりません。

こちらのティラミスは、底にスポンジの代わりにショコラを敷いた完全オリジナル。甘さ控えめでさっぱりとしたマスカルポーネと濃厚なショコラの組み合わせが素晴らしい一品です。

「チョコレートのババロア」の上にちりばめられているのはカカオチップ、クリームの中にもカカオチップがたっぷりと入っており、ふんわりなめらかな口溶けで甘さは控えめです。甘い物が苦手な人でも食べられそうな、ちょっぴりビターなババロアとなっています。

この店のスイーツは砂糖を使用しておらず、代わりに「羅漢果(ラカンカ)」というウリ科の植物から取れる天然の甘味料を使用しています。合成甘味料なども使用しておらず、すべて天然由来の素材で作っているので子供にも安心です。ケーキのメニューは全部で6種類、また低糖質の焼き菓子も3種販売しています。クリスマスケーキの予約もすでに開始しているとのこと。クリスマスに子供たちの喜ぶ顔が増えることになるかもしれませんね。

ローカーボスイーツの店 ロトンディタ ■住所:札幌市西区西町北7-1-1 ■電話:011・688・5578 ■時間:12:00~18:30 ■休み:不定(2018年からは月曜~木曜)(北海道ウォーカー)

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング