隣接ビルへの抜け道もある!? 札幌・魅惑の雑居ビル「M’S ビルヂング」

Walkerplus / 2018年1月13日 20時0分

写真

M’Sビルヂングは長いらせん階段が目印

「M’S SPACE」をはじめ、札幌でもとりわけ個性的なお店が入居する「M’S」系ビル。そのなかで、もっとも新しいのが2016年9月に誕生した「M’Sビルヂング」。実はこのビル、狸小路商店街7丁目内にある「タヌキスクエア」(「M’S」とつかないけれどオーナーは同じ)と繋がっていて、ビル同士を抜けられる作りになっているんです。そんなM’Sのニューフェイス「M’Sビルヂング」を紹介しますね。

■ らせん階段が特徴的な「M’Sビルヂング」

M’Sビルヂングは地下1階から3階あり、中南米料理店やラーメン店など計15店が在籍。古い木造家屋を改装したビルの多い「M’S」系では、珍しい新築のビルです。シンボルであるらせん階段を上っていくと、各店舗違う色の扉や看板の数々、壁に貼られたポスターにワクワクします。1階の一番奥の扉が「タヌキスクエア」への抜け道。秘密基地を探検するかのように各店を探ってみるのもいいですね。

■ 30種類の純米酒を取り揃える立ち飲みバー「純米酒専門店YATA 札幌狸小路店」

1階にあるのが、30種の純米酒が楽しめる立ち飲みバー「純米酒専門店YATA 札幌狸小路店」。日本酒を気軽に楽しんでもらえるよう、入りやすさや隣の人との喋りやすさを考慮し、立ち飲みスタイルにしたんだとか。「M’S」ビルに入居した理由は「新しいカルチャーを発信するM’Sビルに、僕らみたいなお店が入るべきだと感じたので」と、店長の横井英さん。

お酒やおつまみは1品500円から。60分間飲み比べができる「利き酒コース」(2000円・同銘柄のおかわり不可)もあります。1番の人気メニュー「ポテトサラダ」(500円)はマッシュした北海道産キタアカリに、バター、カマンベールチーズ、マグロの酒盗をのせた、大人な味わい。塩気をきかせ、お酒と合うように作られています。また、「北海道チーズ盛り合わせ」(500円)はナチュラルチーズ、セミハードチーズ、チェダーチーズの3種。日本酒はアミノ酸を主とした成分を多く含んでいるため、チーズのクセや味わいがマッチするそう。

「香りも楽しんでもらいたい」との理由から、ワイングラスやリキュールグラスで飲むスタイル。味だけではなく、香りもという点は、純米酒に対するこだわりが感じられますね。また、「県別酒の会」という、1つの県に特化したイベントを不定期で開催していて、その県のお酒と食材を使った料理が楽しめますよ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Walkerplus

トピックスRSS

ランキング