人気ラーメン店の系譜!岐阜県にオープンした期待の新店

Walkerplus / 2018年10月12日 18時20分

写真

「麺切り 白流」(岐阜県瑞穂市)白いのれんが目印だ

人気店で修業を積んだ店主が、岐阜県に期待の新店をオープン!伝統を守りつつも、店主のこだわりがつまった、至極の1杯を味わおう!

■ 「白神」出身の実力者は焼干し中華そばで勝負

●「麺切り 白流」(岐阜県瑞穂市)

白神グループ出身者の独立としては5店目となる「麺切り 白流」(岐阜県瑞穂市)。煮干し以上にダシに香ばしさと力強さがある焼干し中華そばが看板メニューで、早くも行列店となっている。岐阜のブランド豚、文殊にゅうとんで取る澄んだ清湯スープが味わえるシンプルな中華そばもおすすめだ。

「焼干し中華そば 特製醤油そば」(970円)は、豚ガラで取るスープに、焼干しで奥深さを加えた一杯。チャーシュー、味付き玉子もグリラーで焼き香ばしさを加えるなど細部までこだわっている。「モーニングスペシャル 中華そば塩」(680円)は、文殊にゅうとんで取る清湯スープに塩を組み合わせた、シンプルなあっさり味。限定20杯で12:00ごろには売り切れる人気商品だ。10月からのレギュラーメニュー「うすくち醤油そば」(770円)は、三河のたまり醤油をブレンドしたタレを使用。醤油を抑えることでより焼干しの風味を味わえる。

[店舗DATA]住所:岐阜県瑞穂市森860-1/電話:058-322-3231 /営業時間:10:00~15:00(LO14:30)※スープがなくなり次第終了/休み:月曜、第3火曜

■ 大量の豚骨と鶏ガラを使った呼び戻しスープを堪能!

●「家系ラーメン 稲葉家」(岐阜県岐阜市)

「家系ラーメン 稲葉家」(岐阜県岐阜市)では、横浜の「王道家」で修業した店主が再現する、本場の横浜家系ラーメンを楽しめる。前日のスープに新しい素材を継ぎ足して作る呼び戻しスープは、深いコクとまろやかな甘味を感じさせる。麺の硬さや味の濃さなどを、好みに調整できるのもうれしい。

1日に何度も豚骨と鶏ガラをつぎ足し、こまめに入れ替えることで素材の旨味を凝縮したスープは、濃厚でコクがありながらもしつこくない。モチモチの中太麺にもよく絡む。卓上の8種類の調味料で味をカスタマイズして味わおう。

[店舗DATA]住所:岐阜県岐阜市上土居1-5-2 プラズマビル1F/電話:058-233-8881/営業時間:11:00〜14:00、18:00〜21:00、金曜、土曜11:00~14:00、18:00〜22:00/休み:月曜(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング