「旅好きが選ぶ!日本の博物館ランキング2018」が決定!トップ20には九州・沖縄からもランクイン

Walkerplus / 2018年10月22日 20時30分

写真

1位 長崎原爆資料館(長崎県長崎市)

旅行サイト「トリップアドバイザー」は、「旅好きが選ぶ!日本の博物館ランキング2018」を発表。今回は長崎県の「長崎原爆資料館」が1位に。他にも、九州・沖縄から4つの博物館が20位以内にランクインした。

※「旅好きが選ぶ!日本の博物館ランキング2018」は、2017年7月~2018年6月の1年間に日本の博物館に投稿された日本語の口コミの評価(5段階)点、口コミの投稿数をもとに、独自のアルゴリズムで集計している。

■ “一度は行くべき”という声も多数!1位は「長崎原爆資料館」

「長崎原爆資料館」は、1945年8月9日長崎市に投下された原子爆弾による惨状を後世に伝える、長崎県長崎市にある市立資料館。原爆投下に至った歴史背景や戦後の核兵器開発についての説明展示もあり、平和や原爆に関することなどを学ぶことができる。口コミでは「日本人として、一度は行くべき場所」「知っておくべき」「世界中の人に見てほしい」といった声が多く寄せられている。

他にも、戦争に関する博物館は、九州・沖縄からは2施設ランクインしている。

12位は、沖縄県糸満市にある「ひめゆり平和祈念資料館」。沖縄に訪れる人の多くが立ち寄るスポットだ。「特に最後にあるひめゆり達の手記は必見です。戦争とはこんなに悲惨なのか、強く感じました」という口コミも。

鹿児島県南九州市にある「知覧特攻平和会館」は13位にランクイン。「かつてここから特攻機で飛び立ち戻ることのなかった若者たちの記念館。母親たちが綴った手紙など涙無くしては見れません」というコメントも寄せられた。

■ 5位は子供にも大人気!「北九州市立いのちのたび博物館」

北九州の観光スポットとしても定番の「いのちのたび博物館」が5位にランクイン。恐竜の等身大全身骨格の展示などもあり、大人も子供も楽しむことができる。「恐竜の骨が圧巻です。恐竜の暮らしを再現した催し物はまるで当時にタイムスリップしたような気持にさせてくれます」というコメントも。

■ 佐賀からは「佐賀県立佐賀城本丸歴史館」が16位にランクイン

佐賀市の佐賀城跡に建てられている「佐賀城本丸歴史館」は、"幕末維新期の佐賀"をテーマとした展示が見どころ。歴史好きの評価もあり、ランクインにつながったのかも!?

■ 日本の博物館ランキング2018 トップ20

1 位 長崎原爆資料館 / 長崎県長崎市

2 位 広島平和記念資料館 / 広島県広島市

3 位 東京国立博物館 / 東京都台東区

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Walkerplus

トピックスRSS

ランキング