妖怪ウォッチ電車が福岡で出発進行!

Walkerplus / 2014年11月27日 23時22分

写真

ヘッドマークに大きくデザインされているジバニャンが特徴/(C) LMYWP 2014

ジバニャンだらけの電車が福岡を駆け抜ける!?西日本鉄道は12月1日(月)から2015年4月5日(日)まで、「妖怪ウォッチ」のキャラクターでラッピングした西鉄妖怪ウォッチ電車を運行する。

「妖怪ウォッチ」は、福岡市に本社を置くソフト制作会社のレベルファイブが開発したゲームソフトで、2014年11月には「妖怪ウォッチ2 元祖/本家」の累計出荷本数が300万本を突破。作品中に西鉄電車に似た車両が登場するなど、福岡との関係も深い。

これまで、車両の一部をラッピングした電車を運行したことはあるものの、フルラッピングをしたのは今回が初めて。西鉄天神大牟田線で1編成(6両)に、ジバニャンやコマさんをはじめとした人気キャラクターをデザイン。車内外に装飾を施しているので、お目当てのキャラクターを探すのも面白い。“妖怪ウォッチ史上初”のフルラッピング電車に乗って、沿線の旅に出てみるのもいいかもしれない。【福岡ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング