吉木りさがミカサに変身!「進撃の巨人展」オープニングセレモニーに出席

Walkerplus / 2014年11月27日 19時0分

写真

オープニングセレモニーにミカサの衣装で登場した吉木りさ/(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人展」製作委員会

11月28日(金)より、上野の森美術館(東京・上野)にて「進撃の巨人展」が遂にスタート!これに先立ち、11月27日(木)にオープニングセレモニー及びメディア内覧会が開催。登場人物のミカサ・アッカーマンに扮したタレントの吉木りさと、巨人に扮した、お笑い芸人の千原せいじが登場し、トークセッションを行なった。

コミック累計発行部数4000万部を超える漫画「進撃の巨人」。海外でも翻訳版が人気を集めるなど、日本のみならず世界中に衝撃を与え続けている同作品は、アニメやゲームはもちろん、映画やCMをはじめ、多数の企業とのコラボなど、あらゆるメディアに広がりを見せ、その勢いは止まるところを知らない。そんななか、11月28日(金)から、上野の森美術館では「進撃の巨人展」が開催!“1分の1リアルスケール”の超大型巨人に会えるチャンスだ。

同日は、作品に登場する“立体機動装置“を身に付け、ミカサの衣装で登場した吉木りさ。「カッコイイですよね!」と衣装について興奮気味に語るも、「この立体機動装置は7~8kgもあってすごく重い。(登場したばかりだが)既にヘトヘトです」と本音を明かした。

また、巨人ルックで登場した千原せいじは「衣装がMサイズしかないんですよね~」と、やや小さめサイズだったことについてぼやき節。巨人らしからぬ、やっつけ感漂う見た目に、吉木からは「パジャマみたい」と突っ込まれていた。

そんな2人だが、「進撃の巨人展」の見どころについては、熱を込めて解説。吉木は「(“トロスト区”を舞台にした)360°体感シアター『哮(こう)』は、リアリティーあふれていました。調査兵団になった気分を味わえますよ」、千原は「こういうイベントって作品を知っていないと面白くなかったりするけど、『進撃の巨人』を知らなかったうちのマネジャーが、『なんかドキドキして楽しかったです』ってゆうとったぐらい、これは楽しいものに仕上がっています。いろんな映像や、参加型コンテンツがあって、それぞれワクワクするものになっている」と絶賛していた。

本物の「巨人」のような超大型巨人像や、生原画の展示、風や振動も感じられる全身体感型のオープニングシアターなど、ファン垂涎の数々の仕掛けが用意されている同展。原作から生まれた世界観を味わいに、是非訪れてみて。【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング