ホテル開業100周年記念メニュー「あまおうフレンチトースト」

Walkerplus / 2014年12月17日 19時5分

写真

東京ステーションホテルのロビーラウンジに登場するスペシャルフレンチトースト

東京ステーションホテル(東京・丸の内)のロビーラウンジでは、2015年11月のホテル開業100年を記念して、人気メニュー「フレンチトースト」に季節の素材を合わせた、スペシャル版フレンチトーストを逐次提供。第1弾は「あまおうフレンチトースト」(税抜・2650円 ※コーヒーor紅茶付き)。2015年1月20日(火)から1月30日(金)までの11日間限定で販売する。

同ラウンジの「フレンチトースト」は、シェフパティシエの瀧澤一茂氏が考案したオリジナルメニュー。厚切りのブリオッシュ生地を、オリジナルレシピの調味液に丸1日浸し、表面を焼き上げたあとじっくり香ばしく蒸し焼きにしたこだわりの一品だ。ふわふわ食感の生地を、フレッシュフルーツやホテルメイドのメープルバター、ジャムと共に楽しめる。

今回登場する「あまおうフレンチトースト」は、福岡県だけで作られているイチゴの高級ブランド、あまおうを使用した。糖分が高くジューシーな果汁と酸味の絶妙なバランスが特徴。旬の1月に贅沢に丸ごとトッピングした。定番のメープルバターと共に添えるのは“あまおうバター”。ふわふわでしっとりしたブリオッシュ生地にぴったりの相性だ。

JR東京駅から直結の同所はアクセス抜群。ヨーロピアン・クラシックの上質で落ち着いた空間で、シェフパティシエの渾身メニューをゆっくり堪能して。【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング