ネコ好き名カメラマンが撮る「どうぶつ家族」の写真展

Walkerplus / 2014年12月28日 21時17分

写真

動物写真家・岩合光昭写真展は1月14日(水)まで渋谷ヒカリエにて開催

渋谷ヒカリエでは、動物写真家・岩合光昭氏による写真展を開催中。前回の「ねこ」未発表作品も含む構成で、動物の家族や犬、パンダなど合計作品点数約250点の大規模な写真展で、1月14日(水)まで開催する。

今回の写真展は、世界中で生きる多様な動物たちの姿をはじめ、“生命の循環・つながり”をテーマに、約250点の写真作品を展示。世界の大自然で野生動物の一瞬の輝きを撮り続け「すべてはどこかでつながっている」と語る岩合氏。そんな彼が撮る、家族で過ごす温かい時間や子供たちの愛くるしい表情、また時には厳しい環境の中で力強く生きる動物たちの姿からは、生き物が生きていける環境があることのすばらしさを改めて感じることができる。世界各地を旅し、動物を撮り続けてきた岩合氏ならではの心温まる写真展となっている。

また展示会開催中、来客者の自慢のペットや旅先で撮った野生の動物の写真などを展示する「自慢のどうぶつ家族(ペット)写真大募集!」を実施。さらに、1月10日(土)には、岩合氏のギャラリートーク&サイン会が行われる。動物好きにはたまらならい、彼らの愛らしい姿を会場でぜひご覧いただきたい。【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング