2014年はアメリカンスイーツが大ヒット!女性を虜にした理由とは?

Walkerplus / 2015年1月5日 16時27分

写真

ニューヨーク発のハイブリッドスイーツ、クロワッサンドーナツが、2014年に最もヒットしたスイーツに選ばれた

斬新なメニューが次々に発売され、例年にない盛り上がりを見せた2014年のスイーツ業界。これを受けて、東京ウォーカーが実施した人気スイーツランキングの結果、ベスト3はアメリカンスイーツが独占することに!上位にランクインしたスイーツと、それらが食べられる都内の有名店をピックアップして紹介しよう。

数あるスイーツの中から、2014年に最もヒットした一品に選ばれたのはクロワッサンドーナツ。クロワッサンとドーナツを掛け合わせたニューヨーク発のハイブリッドスイーツである。レシピを考案したドミニク・アンセルさんの店は、開業と同時に多くのニューヨーカーが列を成し、その人気ぶりはSNSを通じて世界中にたちまち飛び火。日本でも大手ドーナツチェーンがメニューに取り入れるなど、大きな話題になった。人気の理由は、クロワッサンならではの香ばしい風味と、かぶりつけばザクッと音を立てて沈んでいく生地。デコレーションを加えたかわいらしい見た目も相まって中毒者が続出した。東京都内で有名なのは、アンジェリークNY 東京駅一番街本店。油で揚げる前に軽く焼き目をつける独特の調理法にも注目したい。

続いて第2位に選ばれたのは、マグノリアベーカリーのカップケーキ。海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で主人公のキャリーとミランダがおいしそうにほお張るシーンが起爆剤となり人気を博した同店は、2014年6月に表参道にもオープン。シャーベットカラーのバタークリームとキュートなデコレーションが女性たちの心を射止めた。“家庭的なアメリカの味”も日本人の舌には新鮮だったようでリピーターが続出した。

そして第3位にランクインしたのは、近年の朝活ブームやパンケーキブームの流れを汲んで需要が急上昇したフレンチトースト。ただし、流行ったのはシンプルなフレンチトーストではなく、生クリームやチョコレートでデコレーションされたものだった。東京・自由が丘のフレンチトースト専門店、Yocco’s French Toast Cafe(ヨッコーズ フレンチトースト カフェ)では、たっぷりと添えた季節のフルーツと4種類のトッピングが魅力的な「Yocco'sスイーツスペシャル フレッシュフルーツ添え」(1814円)をはじめ、こだわりの光るメニューが味わえる。

2015年は、どのようなスイーツがブームとなるのか?2014年にブームを巻き起こしたアメリカンスイーツを食べ比べながら、あれこれ想像するのも面白そうだ。【東京ウォーカー】

Walkerplus

トピックスRSS

ランキング