金木犀(きんもくせい)の香りにダイエット効果がある!?

ウェザーニュース / 2018年10月2日 7時15分

ウェザーニュース

「食欲の秋」を迎え、ダイエットをする人や食事制限をしている人にとっては悩ましい季節ですね。ところが、秋に開花を迎える金木犀の香りに食欲を抑える効果があるというのです。香りをかぐだけでダイエット効果が期待できるというのは朗報ですね。

さっそく発見者であり、味覚生理学や食行動の脳科学などを専門に研究している畿央大学健康科学部の山本隆教授にお話を伺いました。

香りをかぐだけで食欲を抑えられる

ウェザーニュースが、全国7,783人の会員(9月21日)に向けて行った調査の結果、東北や関東、北陸、甲信エリアを中心に金木犀の香りが確認され、東北では約半数の方が感じています。
金木犀は気温が高いと開花が遅れると言われていますが、北日本、東日本は9月中旬の気温が去年よりも大幅に低く、これが影響していると考えられます。

2018年9月21日 全国7783人

金木犀の香りが食欲を抑制するといいますが、どのようなメカニズムが働いているのでしょうか?

「金木犀の香りをかぐことで、脳内の摂食中枢が反応し、オレキシンなどの食欲増進物質が抑えられます。同時に満腹中枢への働きが促進されるため、食欲が抑えられるものと考えています。

このことは、5年ほど前にラットを使った実験で確認が取れていました。このほど学生を対象に、金木犀の香りをかいだ場合とそうでない場合に分けて、お菓子を食べる量を比較する実験を行いましたが、金木犀の香りをかいだ場合の方が明らかに食事量が減っていました」(山本教授)

ただ香りをかぐだけで、我慢しなくても食事量を減らすことができるというのです。

「今まで満腹になるまでしっかり食べていた人が、そこまで食べなくても自然に満足できるというのが、金木犀の香りの効果です。習慣づけていけば、自然に体重も減っていくのです」(山本教授)

具体的な実践方法は?

ダイエットだからと言って必死になって食事量を減らそうとする必要がないというのはとてもありがたいですね。では、どう実践すればよいのでしょうか。

「金木犀の香りを使用した芳香剤や化粧品などを使って、食事前の30分~1時間の間、自分あるいは周囲に香りが漂う状態になっていれば効果的です。先ほど紹介した実験では、マスクの裏に金木犀の香りを塗布しておきました。そうすることで自然に食べ過ぎを防ぎ、腹八分目程度で満足して食事を終えられると思います」(山本教授)

ダイエットはしたいけど、好きなものを我慢するのは耐えられないという人は、ぜひ“腹八分目”が身につく金木犀の香りを試してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング