関東で雪の可能性 11日(火)~12日(水)は南岸低気圧通過

ウェザーニュース / 2018年12月10日 11時10分

ウェザーニュース

明日11日(火)に東シナ海で低気圧が発生し、12日(水)にかけて発達しながら本州の南岸を通過していきます。

冬に関東など太平洋側に雪をもたらす「南岸低気圧」のパターンです。

雪の可能性は関東北部まで

雨になるか雪になるかのポイントは上空の寒気。

関東で雪が降る際の一つの目安となる、上空1500m付近で-3℃以下の寒気は、東北方面まで北上する予想で、0℃以下の寒気に覆われるのも、関東北部までとなりそうです。

このため、関東の平野部で雪の可能性があるのは、北部の前橋や宇都宮あたりまでで、雪になったとしても積もることはありません。

山沿いや東北内陸では積雪のおそれ

ただ、関東北部や甲信の山沿い、東北の内陸部では湿った雪が積もる心配があります。

短い時間で急激に積雪が増加することもあるため、車で移動する予定がある場合は、予め雪への備えを十分に行ってください。

ウェザーニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング