週間天気予報 梅雨前線が本州付近に停滞 大雨に要注意

ウェザーニュース / 2019年6月30日 5時20分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・本州や四国、九州では断続的に雨
・週後半も大雨に注意
・この時期らしい蒸し暑さ続く

本州や四国、九州では断続的に雨

この先一週間は梅雨前線が本州付近に停滞する日が多く、曇りや雨の日が続きます。

特に、30日(日)現在から週明けにかけてと、来週後半は何度か雨の強く降るタイミングがある予想で、雨量がかさむと土砂災害等の発生リスクが高まります。西日本では梅雨入りしたばかりですが、時期としては例年通りに大雨に注意が必要な状況となっています。

一方、昨日29日に梅雨明けをした沖縄は、晴れる日が多くなります。

週後半も大雨に注意

降水の予想 4日(木)朝までの12時間

週後半の7月4日(木)から5日(金)にかけて、前線上の低気圧が本州の太平洋側を進み、九州南部などでまとまった雨が降り、大雨となるおそれがあります。

まだコンピューターシミュレーション結果に誤差があるため、雨の降る場所や量、ピークの期間等は変わる可能性があります。前線の位置が予想より北になった場合は、本州の広範囲で大雨となるおそれもあります。随時最新の天気予報を確認するようにしてください。

この時期らしい蒸し暑さ続く

梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むことで、西日本や東日本では最高気温が30℃前後の暑さとなる日が多い予想です。

不快な蒸し暑さとなりますので、熱中症はもちろん、食料品や衛生面の管理などにも十分ご注意下さい。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング