どうなったら「梅雨明け」を発表するの?

ウェザーニュース / 2019年7月29日 15時30分

ウェザーニュース

2019年は7月29日(月)に関東地方などで梅雨明けが発表され、全国的に夏に突入しました。

でも、そもそも梅雨明けはどう定義されているのでしょうか?気象庁の天気相談所に取材してみました。

「梅雨入り」より難しい「梅雨明け」

梅雨明けの判断は、梅雨の晴れ間があったりして紛らわしいため、梅雨入りより難しいとされています。それでも、気象庁は暫定的に次のような定義を設けています。

・雨が2日以上続いた後で
・梅雨前線が北上して、前日と本日が晴れで
・週間天気予報で5日以上が晴れまたは曇り

この暫定的な定義を満たせば、各地の気象台は「梅雨明けしたとみられる」と発表します。

梅雨明け発表がない年も

しかし、梅雨明けが発表されない年もあります。
1993年は冷夏と長雨で米不足が起こった年ですが、沖縄・奄美を除いて全国的に梅雨明けがありませんでした。正確に言うと、各地の気象台はいったん梅雨明けを発表したのですが、8月下旬になって撤回したのです。

最近では2017年の東北南部・北部で梅雨明け発表がありませんでした。
梅雨明けがない年は、オホーツク高気圧の勢力が強いために梅雨前線が北上できず、そのまま秋に入って秋雨前線になるパターンが多いようです。

参考資料など

写真:ウェザーリポート by ゆずはちみつさん

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング