北陸や広島で激しい雨 午後も大気の状態不安定

ウェザーニュース / 2019年8月20日 12時0分

ウェザーニュース

今日8月20日(火)は、湿った空気が流れ込んでいる影響で全国的に大気の状態が不安定となっています。

11時30分現在、北陸や東北南部、中国地方などで雨が降っていて、石川県や広島県などで1時間に30mm以上の激しい雨を観測しました。

広島土砂災害から今日で5年の広島市でも激しい雨

11時30分までの1時間に、広島県広島市では41.5mm、石川県金沢市では38.5mmの激しい雨を観測しました。激しい雨の降っている所では、土砂災害や河川の増水に警戒してください。

広島市では、平成26年8月豪雨による大規模土砂災害から今日で5年となります。現時点ではこの時ほどの危険な状況では無いものの、引き続き雨雲の動き等に注意するようにしてください。

関東も夕方再び雨のおそれ

午後も全国的に不安定な天気が続く見込みで、局地的には1時間に50mmから70mmの非常に激しい雨の降るおそれもあります。

昼の時点では晴れている関東など太平洋側の地域でも、午後は急に雨の降る可能性があります。お出かけには傘をお持ちになり、空模様の変化には十分注意してください。落雷や突風等のおそれもありますので、空が急に暗くなったら車の中や丈夫な建物に入るなど、身を守る行動をとるようにしてください。

参考資料など

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング