週間天気予報・三連休の天気 今週末は荒天のおそれ

ウェザーニュース / 2019年9月18日 5時55分

ウェザーニュース

今週末も三連休ですが、秋雨前線や熱帯低気圧の影響で、東日本や西日本などで大雨になるおそれがあるので最新情報を確認してください。

明日以降この秋一番の寒気が北日本に流れ込み、北海道の山では雪が降る可能性があります。

■この先1週間のポイント■

・三連休は広範囲で雨
・北海道の山では雪の可能性 札幌でも10℃未満か
・秋雨前線や熱帯低気圧で荒天のおそれ

三連休は広範囲で雨

三連休の天気 9月17日発表

三連休が明けたばかりですが、次の週末も月曜が秋分の日で三連休です。

ただ、次回の三連休は北海道を除く広範囲で雨が予想され、お出かけにはあいにくの天気となりそうです。現時点で断定は出来ないものの、大雨となるおそれもあるため後半で詳しく解説します。

北海道の山では雪の可能性 札幌でも10℃未満か

予想天気図

19日(木)頃から20日(金)頃にかけて、北海道の上空に今シーズン一番強い寒気が流れ込む予想です。

このため、標高1000mを超える場所では降水があれば雪となる可能性があり、大雪山などでは初冠雪となる可能性があります。峠道は路面凍結のおそれがあり、朝や夜は平地でも道北の内陸を中心に霜がおりるほど冷え込みます。

週末にかけては、札幌でも最低気温が10℃を下回る可能性があります。体調管理にご注意ください。

秋雨前線や熱帯低気圧で荒天のおそれ

予想天気図 22日(日)9時

今週末の三連休は、秋雨前線が活発化して本州付近へ北上し、東日本や西日本などでまとまった雨が降り、場合によっては大雨となるおそれがあります。

これは、沖縄の近くで発生した熱帯低気圧が秋雨前線に湿った空気を送り込み、活動を活発化させる可能性があることに加え、熱帯低気圧(または台風)が直接西日本方面へ北上するおそれがあるためです。

まだ雨の強く降る場所や量、ピークの日時等を特定するのは難しい状況です。今後の最新情報を確認するようにしてください。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング