大型の台風17号 九州・中国地方が暴風域に 23日(月)も暴風に警戒

ウェザーニュース / 2019年9月23日 1時20分

ウェザーニュース

大型の台風17号は23日(月)1時の推定位置で山口県下関市の北北西の海上にあり、北東に時速35kmと速度を上げながら進んでいます。九州北部と山口県と島根県、広島県が風速25m/s以上の暴風域に入っています。

この時間は台風17号の進路に近い日本海側沿岸に加えて、風が吹き抜ける豊後水道、紀伊水道周辺で風が強まっています。
日付が変わってからも、愛媛県瀬戸で32.3m/s、大分県蒲江で31.1m/s、和歌山県友ケ島で30.7m/s、兵庫県明石で30.5m/sと30m/sを超える最大瞬間風速を観測しています。

▼台風17号 9月23日(月)1時推定
 存在地域   下関市の北北西約60km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   //
 移動     北東 35 km/h
 中心気圧   985 hPa
 最大風速   30 m/s
 最大瞬間風速 45 m/s

台風は対馬海峡から日本海に入りつつあり、福岡県や山口県に最接近中です。このあとも速度を上げながら北東方向に進み、性質を温帯低気圧に変えながら北海道に近づきます。

ただ、温帯低気圧に変わったとしても勢力はほとんど変わらず、全国の広い範囲で暴風や大雨に警戒が必要です。

広範囲で暴風 停電被害も発生

風の予想 23日(月)6時

このあとも広い範囲で風が強まり、日本海側や風が吹き抜けやすい豊後水道、紀伊水道周辺では、瞬間的に25~30m/sの暴風が吹き荒れる予想です。
すでに停電が発生しているところもあり、このあとも暴風による飛来物に警戒が必要です。

午後は千葉県など関東周辺でも風が強まる

風の予想 23日(月)14時

また、台風15号によって大きな被害が出た千葉県内や伊豆諸島など東京湾周辺では、23日(月)午後に風が強まりブルーシートが飛ばされたり、被害を受けた建物や樹木に影響が出るおそれがあるため、対応が必要です。

北日本も風雨に警戒 作物への被害のおそれも

北日本では、今日23日(月)午後から風や雨が強まります。

台風が温帯低気圧に変わったとしても、風の強さや雨の強さにほとんど変わりはありません。北海道では明日24日(火)朝まで暴風が続くおそれがあるので、早めに飛びやすい物を家の中に入れる、停電に備えて懐中電灯や水を用意するなどの対策を行うようにしてください。

また、強風や大雨による果樹など農作物への被害が懸念されます。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風17号の名前「ターファー(Tapah)」は、マレーシアが提案した名称で、ナマズ科の淡水魚の名前が由来です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング