秋はどこへ… 10月は全国的に高温予想(気象庁1か月予報)

ウェザーニュース / 2019年10月3日 16時0分

ウェザーニュース

気象庁は3日(木)、10月5日から11月4日までの1か月予報を発表しました。上空を吹きジェット気流が日本付近で北に蛇行する傾向が続くため、寒気が南下しにくく、全国的に気温は平年よりも高くなる見込みです。

10月は全国的に平年を上回る気温

この先1か月の気温

特に10月前半は気温が高くなりやすく、平年より2℃前後上回る可能性が高いため、気象台は西日本から東日本の広い範囲に高温に関する早期天候情報を発表しました。

降水量は平年並み 台風の発生に注意

この先1か月の降水量

天気変化は周期的で、南から暖かな空気が流れ込みやすいため、雨の量は全国的に平年並みの見込みです。

ただ、マリアナ諸島近海の対流活動は比較的活発と予想されるため、台風発生の可能性があります。10月の平年の発生数は3.6個、ジェット気流が北に蛇行していると、日本に近づきやすいので、台風の動向に要注意です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング