今季一番の冷え込みに 北海道で-20℃以下を観測

ウェザーニュース / 2019年12月23日 7時25分

ウェザーニュース

今日23日(月)朝の北海道では厳しい冷え込みになっています。

上空には強い寒気が流れ込み始めており、昨夜から晴れていた内陸を中心に放射冷却現象が強まったことで気温が低下し、-20℃を下回った地点がありました。

今季の全国最低気温を更新

後志地方の喜茂別では-20.9℃を観測し、今シーズン全国で一番気温が下がりました。上川地方の占冠でも-20.2℃まで下がり、冷凍庫を超えるレベルの強烈な寒さとなっています。

また、早朝は冷たい雨が降っていた東京都心でも7時までに3.5℃まで冷え込み、16日(月)以来、一週間ぶりに5℃以下の朝となりました。

北海道 今週は真冬日続く

北海道の上空には寒気が流れ込みやすくなっている影響で、今週は昼間でもプラスの気温になる日が少なく、真冬日が続く見込みです。

年末にかけて気温の低い日が続きますので、ご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング