週間天気予報 週明けにかけ寒の戻り 週後半は春の陽気に

ウェザーニュース / 2020年3月14日 5時49分

ウェザーニュース

この先一週間は、週明けにかけて寒の戻りとなる一方で、週中頃以降は再び気温がこの時期としては高くなる予想です。太平洋側の地域では晴れる日があるものの、日本海側の地域では曇りや雨の日が多い予想です。

■この先1週間のポイント■

・週明けも広範囲で雪や雨
・「寒の戻り」のち「春の陽気」
・来週は桜開花前線スタート
・スギ花粉の飛散は今がピーク


週明けも広範囲で雪や雨

予想天気図 16日(月)9時

明日15日(日)は日本海から低気圧が接近し、午後は各地で天気が下り坂となります。16日(月)にかけては東日本付近にも低気圧が発生して、一時的に冬型の気圧配置が強まります。

全国的に雨や雪の降る時間帯があり、北日本だけでなく、東日本や西日本の山間部では雪の降る可能性があります。峠道を運転される場合は冬用タイヤやチェーンを装着し、スリップや転倒等に十分注意してください。

「寒の戻り」のち「春の陽気」

週明けにかけては西日本や東日本でも最高気温が10℃前後と、季節が後戻りしたような寒さとなります。このところ出番がなかった冬物のコートやマフラーなどが必要になりそうです。

一方、週中頃になると再び気温が高くなる日が多くなり、春の暖かさが戻ってきます。週前半との気温差が大きくなるため、体調管理にご注意ください。

来週は桜開花前線スタート

桜開花予想

週明けにかけて寒の戻りがあるものの、来週後半は再び暖かくなって桜(ソメイヨシノ)の生長が進みます。関東や東海、西日本で桜の開花するところが出てくる予想です。

スギ花粉の飛散は今がピーク

この先の花粉飛散予想

ウェザーニュースが全国に設置している花粉観測機「ポールンロボ」のデータを見ると、ちょうどスギ花粉の飛散がピークの時期となっているものとみられます。

雨上がりや風の強い日、気温の上昇する日などは、花粉が大量に飛ぶことが予想されます。花粉症の方は、薬の使用や帰宅時に服を払うなど、可能な限りの対策をおすすめします。

関東では来週いっぱいでスギ花粉のピークを越える見込みですが、今後はヒノキ花粉の飛散が始まります。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング