真冬並みの強い寒気が南下 天気急変に要注意

ウェザーニュース / 2020年3月15日 7時2分

ウェザーニュース

今日15日(日)は上空に真冬並みの寒気を伴った低気圧が接近する影響で、大気の状態が不安定になります。天気の急変に注意が必要です。

低気圧の上空5500m付近には-36℃以下の真冬並みの寒気があって、次第に日本列島に流れ込んできます。地上と上空の気温差が大きいため大気の状態が不安定になり、低気圧の周辺では雲が発達しやすくなる見込みです。

日本海側は局地的に強い雨や雪 太平洋側も急変のおそれ

日本海側は午前中から所々で雨や雪が降り、午後になると発達した雲が通過して、局地的に強まります。落雷や突風のおそれがありますので、夕方以降は山陰から北陸、東北の日本海側で十分な注意が必要です。

また、昼間は日差しの届く太平洋側でも急に雨雲が発生し、雨を降らせる可能性があります。油断の出来ない空となりますので、外出時は雨具をお持ちください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング