週間天気 週後半は全国的に曇りや雨 再び気温上昇へ

ウェザーニュース / 2020年3月23日 5時55分

ウェザーニュース

■この先1週間のポイント■

・週後半は曇りや雨の日多い
・三寒四温 週後半は暖かく桜開花進む
・ヒノキ花粉も飛散が本格化

週後半は曇りや雨の日多い

予想天気図 28日(土)9時

週中頃にかけてはゆっくりと移動する高気圧に覆われて晴れるところが多い予想です。

26日(木)以降は南から湿った空気が流れ込みやすくなり、西日本から雲の多くなり、週末が近づくと前線による雨雲が本州付近にかかって、各地で雨の降るタイミングがあります。

三寒四温 週後半は暖かく桜開花進む

満開の桜 東京都杉並区より(3月22日撮影)

気温の高い状況はいったん落ち着いて、この時期らしい空気の冷たさ「寒の戻り」となります。一方、週後半は南から暖かな空気が流れ込んで、再び春本番の暖かさとなるところが多くなる見込みです。

三寒四温でだんだんと季節が進みそうです。気温の上昇に伴って桜の開花も進み、今週は東京都心をはじめとして、桜の見頃を迎えるところが出てきます。

ヒノキ花粉も飛散が本格化

この先の花粉飛散予想

これまで大量に飛散していたスギ花粉は、西日本や東日本では飛散のピークを越えています。一方でヒノキ花粉の飛散が始まっていて、本格的な飛散期に入ろうとしています。

雨上がりや風の強い日、気温の上昇する日などは、花粉が大量に飛ぶことが予想されます。花粉症の方は、薬の使用や帰宅時に服を払うなど、可能な限りの対策をおすすめします。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング