熱帯低気圧が北上 台風に発達し三連休の天気に影響も

ウェザーニュース / 2020年8月7日 17時45分

ウェザーニュース

今日7日(金)午前、フィリピンの東の海上に熱帯低気圧が発生しました。台風まで発達する可能性があり、三連休中に沖縄付近から東シナ海を北上する見込みです。

台風まで発達する可能性も

気象衛星可視画像

フィリピンの東に広がる積乱雲群が少しずつまとまり、気象庁は7日(金)9時に熱帯低気圧と解析しました。明日以降、雲がまとまってきた場合は、台風にまで発達する可能性もあります。

三連休中は局地的に強い雨のおそれ

9日(日)9時の予想天気図

台風もしくは熱帯低気圧は9日(日)から10日(月)・山の日にかけて沖縄に接近するおそれがあります。

また、九州には台風もしくは熱帯低気圧本体の雲がかかることはないものの、南から流れ込む湿った空気が雨雲を発達させて、局地的に強い雨を降らせる可能性があります。特に南風が山にぶつかるような地域では雨雲が発達しやすいため、注意が必要です。

参考資料など

気象衛星可視画像:NICT-情報通信研究機構

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング