関東は40℃近い酷暑 各地に熱中症警戒アラート

ウェザーニュース / 2020年8月11日 7時10分

ウェザーニュース

連休明けの今日11日(火)の関東は、この夏最も熱中症に警戒が必要となります。内陸部では40℃近い暑さになる見込みです。

内陸部は40℃に迫る可能性

太平洋高気圧が勢力を強め、関東など東日本を中心に覆います。山越えとなる南西風が吹きやすい気圧配置で、関東で気温が上がりやすいパターンです。各地とも昨日を上回る暑さが予想されます。

ウェザーニュースによる予想最高気温は埼玉県熊谷市やさいたま市で37℃、東京都心が35℃です。場所によっては40℃に迫る可能性があり、非常に危険な暑さになります。

関東1都6県と山梨県に熱中症警戒アラート

東京では7時13分に30℃を超えました。午後の暑さ指数(WBGT)は関東のほぼ全域で危険レベル(31以上)を大きく上回り、東京都心など33以上に達する所が多い見込みです。気象庁は関東の1都6県と山梨県に熱中症警戒アラートを発表しています。

今年の暑さのピークがまさに今日で、熱中症への警戒が最も必要になります。昼前後に少し外を出歩いたり、エアコンの効いていない室内で過ごすなど、普段と変わりない生活をしていても熱中症になるレベルです。

こまめな水分補給と塩分補給は欠かさず、部屋の温度管理を普段以上に気をつけるようにしてください。気温の高い時間帯は長時間、外を出歩くことを避けるのも重要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング