大阪や名古屋で37℃予想 岡山・高梁では猛暑日の連続日数 歴代1位へ

ウェザーニュース / 2020年8月31日 7時40分

ウェザーニュース

今日31日(月)も、関東から西のエリアでは、35℃前後まで気温が上がり、一部では体温を超えるような危険な暑さになるところがあります。

室内でも熱中症に厳重に警戒をしてください。

大阪や名古屋で37℃予想

気温の予想 31日(金)14時

今日も強い日差しと上空に流れ込んでいる暖かい空気の影響で、東海から西のエリアを中心に最高気温が35℃以上の猛暑日となるところが多くなります。大阪や名古屋では37℃予想と、一部では体温を上回る危険な暑さとなるので、引き続き、熱中症に警戒が必要です。

東海から九州にかけての24府県には、高温注意情報が発表されています。

<今日の予想最高気温(31日7時発表)>
37℃:名古屋、岐阜、京都、大阪、奈良、熊本
36℃:大津、和歌山、岡山、広島、山口、高松、佐賀 など

岡山・高梁では猛暑日連続日数の記録更新へ

猛暑日連続日数

連日続いている猛暑により、岡山県高梁市では8月9日から昨日30日(日)まで、22日連続で猛暑日となっています。これは1990年、1994年の大分県日田市と並んで、歴代最長です。

今日31日(月)の高梁市の予想最高気温は37℃と猛暑日となる予想です。予報通り、今日も35℃以上を観測すると、日本歴代1位の連続猛暑日の記録となります。

今年の猛烈な残暑を象徴する記録となりそうです。

引き続き熱中症に警戒を

暑さ指数(WBGT) 31日(月)14時の予想

暑さ指数を示すWBGTの予想では、東海から九州にかけて赤色の「危険」を示すところが見られ、一部ではさらに危険とされる紫色で示されているところもあります。

関東では雲が多く、午後は雨も予想されているため、今日は熱中症警戒アラートの発表はありませんでした。

東海から西のエリアでは、外にいる時はもちろん、室内にいても熱中症の危険が非常に高くなります。こまめに水分補給したり適切にエアコンを使用するなど、熱中症に厳重な警戒が必要です。外に出る際は、日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子を使用するなど、直射日光を避けるようにしてください。

長く続く暑さで体に疲れが溜まってきています。夜もあまり気温が下がらず寝苦しい日も続いているので、夏バテしないよう適度に休憩を意識的に取るようにしてください。

室内にはぜひ温度・湿度計を

最近では、室内でエアコンを使用していても熱中症で亡くなってしまう方も出てきています。

エアコンは設定温度を28℃にしても、日差しや部屋の広さなど関係もあり、室内が必ずしも設定温度通りの28℃になるとは限りません。できれば温度計・湿度計を室内の見えるところに置いて、室内の温度をこまめに確認して、室温が高い場合にはエアコンの設定温度を下げることをオススメします。

また、扇風機やサーキュレーターなどを併せて使用すると、室内をまんべんなく冷やすことができるので、こちらも試してみてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング