今夜、オリオン座流星群の活動がピークに

ウェザーニュース / 2020年10月21日 6時25分

ウェザーニュース

今年は、オリオン座流星群が10月21日(水)15時頃に活動のピークを迎えます。今回はピークが日の入り前のため、一番の見頃は21日(水)夜〜22日(木)明け方になる見込みです。

どんな流星群?

22日(木)0時頃 東の空(東京)

★ピーク  10月21日(水)15時
★母天体  ハレー彗星(1P/Halley)

オリオン座流星群は毎年10月21日頃に活動のピークを迎える流星群で、ゴールデンウィークに活動のピークを迎えるみずがめ座η(エータ)流星群と同じハレー彗星を母天体としています。

流星は放射点が空に昇ってくる22時頃から流れ始めますが、真夜中ほど放射点が高く昇るため観察に適しています。

今年は放射点が昇る頃には月は沈んでいるため、月明かりの心配はありません。空の条件のいいところでは、1時間に5〜10個ほどの流星を期待できます。

オリオン座流星群の特徴は?

(1)スピードが速い
オリオン座流星群の流星はスピードが速いのが特徴で、火球と呼ばれる明るい流星や流星痕と呼ばれる痕を残す流星が出現することがあります。

(2)活動のピークがなだらか
極大日の前後数日は、出現する流星数があまり変化しないので、活動のピークがなだらかな流星群といえます。

気になる天気は?

21日(水)は昼間は晴れているところが多いですが、天気は西から下り坂になります。21日(水)夜〜22日(木)明け方は、湿った空気や低気圧、前線の影響で全国的に雲が広がりやすく、流星観測にはあいにくの天気です。

ただ、北海道のオホーツク海側の一部や奄美地方では雲の隙間から流星を見られるチャンスがあります。

放射点を取り囲む冬の1等星にも注目

オリオン座流星群の放射点の周りには、冬に見頃を迎える星座の一等星がぐるっと取り囲む様に輝いています。

流れ星を待つ間に、賑やかに輝く冬の星々を楽しむのはいかがでしょうか?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング