台風19号はベトナムへ、台風20号はゆっくり発達

ウェザーニュース / 2020年11月2日 17時35分

ウェザーニュース

現在、台風19号と台風20号がフィリピンの周辺にあります。

一時「猛烈な」勢力となった台風19号(コーニー)はフィリピンを通過して勢力が急速に衰え、現在は暴風域がなくなりました。

しかし、南シナ海も比較的海面水温が高いため、現在とほぼ同じ勢力で西へ進み、ベトナムに近づく見込みです。

台風18号に続いてベトナムに進むため、先の台風で大きな被害が出たエリアでは新たな災害のおそれがあります。

▼台風19号 11月2日(月)15時
 存在地域   南シナ海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西北西 15 km/h
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

台風20号はゆっくり発達

フィリピンの東にある台風20号(アッサニー)はほとんど停滞していて、発達もしておらず、未だに暴風域は伴っていません。

台風20号周辺の海面水温は29℃以上と十分に高いものの、台風19号が発達した影響で風の条件が整わず、なかなか発達しなかったと考えられます。

ただ、今後はゆっくりと勢力を強める見込みです。6日(金)には強い勢力まで発達して、フィリピン・ルソン島の北部に接近する予想となっています。

週の後半は、今の所ルソン島のすぐ北を進む予想となっていますが、予報円を北よりに進んだ場合は、先島諸島を中心とした沖縄に間接的な影響が出てくる可能性がありますので、念のため今後の進路に注意をしてください。

▼台風20号 11月2日(月)15時
 存在地域   フィリピンの東
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西北西 ゆっくり
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   18 m/s
 最大瞬間風速 25 m/s

平年の台風発生数

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風19号の名前「コーニー (Goni / 고니)」は韓国が提案した名称で、白鳥(コハクチョウ)のことを意味する韓国語からとられています。
台風20号の名前「アッサニー (Atsani)」はタイが提案した名称で、雷のことを意味する言葉です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング