関東で虹色の雲「彩雲」が出現 午後はにわか雨の可能性あり

ウェザーニュース / 2020年11月7日 12時15分

ウェザーニュース

今日7日(土)は、関東エリアの一部で「彩雲」が見られています。
この彩雲は、天気下り坂のサインとも言われますが、午前中晴れていたエリアでも午後はにわか雨の可能性があります。

南部を中心に雨が降り出す可能性

降水量の予想(7日18時)

「彩雲」とは太陽の光が雲を構成する水滴の間を通り抜ける時に分光(曲げられたり散乱したり)して、鮮やかな虹色となって雲を彩る現象です。今回は太陽の光がちょうど雲の端の薄い部分と重なり、虹色になりました。

現在、本州の南岸と日本海を前線が通過して東北から九州の広い範囲で雨が降っています。昼過ぎ以降は本州南岸の前線が北上して関東エリアでも南部を中心に雨が降り出す可能性があります。

帰り道のために折りたたみ傘があると安心です。外干しの洗濯物は早めに取り込むようにしてください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング