今夜、しし座流星群の活動がピークに 見頃は17日(火)深夜〜18日(水)未明

ウェザーニュース / 2020年11月17日 6時20分

ウェザーニュース

しし座流星群の活動が極大に近づいています。
出現のピークは今日17日(火)20時ですが、放射点があるしし座が空に昇ってくるのは東京で23時頃からになります。
このため、一番の見頃は17日(火)深夜〜明日18日(水)未明となりそうです。

今回は月明かりの影響はなく、空の条件の良いところで1時間あたり5~10個ほどの流星が出現します。

気になる天気は?

しし座流星群見えるかな 

17日(火)深夜〜18日(水)未明は、高気圧の中心が東に離れるものの、関東や東北・北陸では晴れるところが多くなります。流星を楽しむことができそうです。

ただ、高気圧の縁を吹く湿った風の影響を受ける西日本や東海などは雲が広がりやすく、流星観測には今ひとつの天気です。

北海道は上空の気圧の谷が通過するため、雲が多くなると予想されています。

夜が更けるにつれてぐっと冷え込むので、手袋やマフラーなどの防寒グッズも忘れずに準備してくださいね。

しし座流星群の特徴は?

(1)スピードが速い
しし座流星群の流れ星の速度は秒速71kmに達し、国際天文学連合がまとめた64の主要な流星群の中で、最もスピードが速い流星群とされています。

よく流れ星が流れている間に3回願い事をすると叶うと言われていますが、願い事を唱えるのが一番難しい流星群とも言えそうです。

(2)明るい流れ星が多い
しし座流星群は全体的に明るい流れ星の割合が高く、火球と呼ばれるひときわ明るい流れ星も多く観測されます。

(3)流星痕が観測できることも
明るい流れ星が流れた後、その流星の軌跡上で雲のようなものが淡く輝く「流星痕」を観測できることがあります。

しし座流星群は明るい流れ星が多いため、流星が流れた「あと(後・跡・痕)」にも注目して観測するのも良さそうです。

流星観測をする時のポイント

流星群に属する流れ星は、「放射点」と呼ばれる天球上の一点から四方八方に流れますが、放射点の近くほど流れ星が多く見えるということはありません。放射点の方向にはあまりこだわらず、空を広く見るようにしましょう。

また、放射点から離れた方向ほど長い流れ星が観測できるので、長い流れ星を見たい方は放射点から遠いエリアを中心に見るのがおすすめです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング