台風23号(クロヴァン)発生 約1か月ぶりの台風発生

ウェザーニュース / 2020年12月20日 16時0分

ウェザーニュース

12月20日(日)15時、南シナ海で発達中の熱帯低気圧が台風23号(クロヴァン)になりました。

この先、スプラトリー諸島(南沙諸島)付近からベトナムの南へ西進し、勢力を落として熱帯低気圧に変わる見込みです。日本への影響はありません。

▼台風23号 12月20日(日)15時
 存在地域   南シナ海
 大きさ階級  //
 強さ階級   //
 移動     西 25 km/h
 中心気圧   1000 hPa
 最大風速   18 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 25 m/s

12月の台風発生も珍しくはない

平年の台風発生数

台風23号は今年12月に入ってから1つめに発生した台風です。

12月の台風発生数の平年値は1.2個ですので、台風が発生すること自体は珍しいことではありません。台風の発生が最も少なくなるのは2月頃です。

なお、一年間の台風発生数の平年値は25.6個ですので、今年は平年より発生数がやや少ない状況です。7月までに発生した台風の数が2個と非常に少なかったことが影響しています。

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風23号の名前「クロヴァン (Krovanh)」はカンボジアが提案した名称で、木の名前からとられています。

×

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング