1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

1月11日は関東などで「鏡開き」の日 徳川家光が関係していた!?

ウェザーニュース / 2021年1月11日 7時32分

ウェザーニュース

鏡開きとは、お正月の間飾っておいた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる行事。

最近は鏡餅を飾らないご家庭も増え、鏡開きを知らない方もいるかもしれませんね。

年神様の力をいただくために

鏡開きとは、お正月の間、飾っておいた鏡餅を下げて、お雑煮やおしるこにして食べる行事です。鏡餅には年神様の魂が宿っているので、食べてその力を授かり、1年の無病息災を願います。

鏡餅を食べるのは松の内(年神様が各家々にいらっしゃる期間)が過ぎた後。多くの地域では松の内が7日までとなっており、11日に鏡開きを行います。

家光の月命日を避けた結果

そもそもなんで11日…?なんて疑問が湧いてきますが、昔は全国的に松の内は15日までで、鏡開きは20日に行われていました。

しかし、徳川幕府3代将軍の家光が4月20日に亡くなったことを受け、月命日である20日は避けるようになって、代わりに11日に鏡開きを行うことになり、それに伴って松の内の期間も今のように7日までに変更になったといわれます。

ただ、江戸幕府から離れていた近畿では、この風習は広まらず、松の内は15日のまま。鏡開きも15日や20日に行われているようです。

刃物はNG!

そんな鏡開きには一つルールがあります。それは、刃物を使って切り分けてはいけないということ。先に説明した通り、鏡餅には神様の魂が宿っています。そのため、刃物を使うことは縁起が悪いとされているのです。

乾燥したお餅は硬くてなかなか大変ですが、手や木槌で開くのが昔から良いといわれています。

鏡餅は開いて食べるからこそ意味があるもの。ぜひ家族みんなで食べて今年1年の無病息災を願ってみてはいかがでしょうか。

参考資料など

【参照・参考元】
日本鏡餅組合

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

記事ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー: 参加する
ウィークリー: 参加する
マンスリー: 参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください