1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

東北・山形で約3週間ぶりに積雪3m超え 明日はドカ雪、積雪急増に警戒を

ウェザーニュース / 2021年2月3日 16時0分

ウェザーニュース

今日3日(水)は強い冬型の気圧配置が続き、北陸から北日本にかけて断続的に雪が降っています。15時までの24時間で降った雪の量は、山形県大蔵村・肘折で61cm、新潟県津南町で43cmなど多い所では50cm前後に達しました。肘折の積雪は15時に309cmまで増加し、1月12日以来の3m超えです。

午後になり北海道の太平洋側で風も強まり、最大瞬間風速は浦河町で14時01分に24.1m/s、釧路市で12時33分に22.8m/sを観測。日本海側の各地も風の強い状況は続き、吹雪による視界不良も発生しています。

明日は低気圧が通過する東北でドカ雪に

4日(木)昼の雨・雪の予想

明日4日(木)は冬型の気圧配置が一旦弱まり、前線を伴った低気圧が日本海を進んできます。東北地方を通過する昼前後を中心に、雪が強まる見込みです。

低気圧に向かってやや暖かな空気が流れ込むため湿った重たい雪で、東北の内陸部では1時間に5~10cmの雪が予想されます。低気圧から伸びる前線が通過する北陸でも山沿いでは雪が強まり、積雪が急増する見込みです。

今日までに50cm前後の雪が積もった所に、重い雪が数10cm積もることで不安定になり、雪崩や屋根からの落雪が起こりやすくなります。また、路面状況も非常に悪くなると見られる上、強い雪で視界も悪化しますので、雪のピーク時間帯の外出はできるだけ避けるようにしてください。

低気圧の通過後は再び寒気が南下し気温が下がりますので、夜間の路面凍結にも注意が必要です。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング