今日11日(木・祝)の天気 建国記念の日は広く晴れて花粉に注意 沖縄は荒天に警戒

ウェザーニュース / 2021年2月11日 6時18分

ウェザーニュース

建国記念の日の今日11日(木)は、北日本の冬型は緩み、本州付近は広く高気圧に覆われます。一方、南西諸島は低気圧や前線が進んでくるため天気が崩れ、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため大気の状態が不安定になり、強い雨や落雷、突風のおそれがあります。

■ 天気のポイント ■

・東日本や西日本は晴れて暖か
・南西諸島は大雨、雷や突風にも注意
・北日本日本海側は天気回復するも寒い


東日本や西日本は晴れて暖か

予想天気図 11日(木)9時

東日本や西日本は高気圧に覆われて、穏やかに晴れます。朝は冷え込むものの、日中の気温は昨日10日(水)と同じかさらに高く、昼間は日差しが暖かく感じられます。朝晩との気温差がありますので、調節しやすい服装がおすすめです。

この暖かさで花粉の飛ぶ量が関東ではやや多く、九州では多くなる予想です。花粉症の方は早めの対策が必要です。

南西諸島は大雨、雷や突風にも注意

前線を伴った低気圧の影響で南西諸島は荒れた天気になります。

先島諸島では朝から昼過ぎにかけて、本島周辺は夕方から夜にかけて雷を伴った強い雨が降り、道路冠水のおそれがあります。強風や突風、海上では高波に注意が必要です。

北日本日本海側は天気回復するも寒い

北日本の日本海側は朝まで雪や雨が降ることがあるものの、日中は止んで日差しが出るところが多くなります。ただ、日差しはあっても気温はあまり上がらず、この時期らしい寒さとなりますので、暖かくしてお過ごしください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング